博物館

源氏物語絵巻拝見

 名古屋市の徳川美術館で開催中の「源氏物語絵巻」展を見てきた。今回もカミサンの強い要望だ。唐突に名古屋へ行きましょうと云い出す。先だって伊良湖岬まで車を走らせた折、徳川美術館にも寄ってみたいと駄々をこねたカミサンだったが、その時は他の目的を優先させ、いつか機会があったら連れて行ってやるとみのる君が安請合いしたものだから、しっかり覚えており、徳川美術館で国宝の源氏物語絵巻を公開しているの、この前の約束を果たして頂戴と迫る。時間が無いのよ、今から行きましょうと強引なお誘いだった。例によって夜中の移動を提案したが、受け入れない。睡眠不足の目で源氏物語は見たく無い。ホテルにでも一泊して、翌朝、ゆっくり鑑賞したいと云う。今から宿を確保して出発すれば、夕方には名古屋に着くでしょう、とりあえず宿を押さえて出掛けましょう。仕方ないね。みのる君はネットで何とか宿を確保し、昼に車で出発、その晩、自宅から400㌔以上も離れた名古屋でカミサンは名古屋名物のひつまぶしを堪能していた。みのる君は冷酒で酔っ払う。

Tokugawa

 翌朝、開場時間前には徳川美術館に到着したが、すでに駐車場は満杯。美術館の入口は長蛇の列だった。カミサン同様が大勢詰めかけているようだ。切符を買うのも一苦労だったが、何とか入場。人混みの中をみのる君はさっさと一巡、カミサンはじっくり2時間以上も費やして観ていた。みのる君は常設展示や蓬左文庫も一巡し、時間が余ったので喫茶室でカミサンを待つ羽目となった。それにしても人が多い。源氏物語でこれだけの集客とは恐れ入った。国宝の一端を拝見出来たが、書物で見ていた方が余ッ程落ち着くと思う。文学系の女子大生の一行かな、何やら難しい会話をしており、何となく心強い印象を持った。喫茶室でカミサンと簡単な昼食を取って表に出てみると待ち時間1時間の案内板が出ており、列は途切れる事はなかった。その後は徳川園をぐるり一周して駐車場へ戻ると、やはり駐車待ちの車が列を作っていた。

 帰路は呑気に一般道を走って多治見付近を通過した際、虎渓山永保寺の看板を見付けたカミサンが驚く。何よ、前々から訪ねたかった永保寺って、多治見にあったの、知らなかったわ、夢窓疎石が建てたお寺よ、国宝の開山堂や六角堂があるはずよ、是非見たいと例によって駄々をこねる。やむなく立ち寄る事とした。すでに日は西にあって、間もなく日没時分だったが、何とか境内を巡る事が出来た。今回は大収穫だったわ。カミサンはニコニコしていた。そして、いつしかみのる君に運転を任せて寝入ってしまった。

| | コメント (0)

韮崎大村美術館

 過日、用事があって山梨方面に出向いた際、折角だから大村美術館へ行ってみましょうとカミサンが強硬に提案するものだから、しぶしぶと訪ねた。ノーベル賞受賞者が館長と云う美術館だから、きっと混雑しているに違いない。みのる君の予想は的中していた。世間にはカミサンと同類は多い。駐車場は誘導係が何人も立っていて、あっちへどうぞう、こちらへどうぞと丁寧に案内しており、お蔭で苦も無く車を止めることができた。

 受賞記念と云うことで入場料は無料だった。カミサンのお目当ては上村松園や堀文子。やっぱり、じっくりと拝見していた。みのる君はざっと一巡でお仕舞い。

O_bijutukan

 美術館入口には沢山のお祝いの花が飾られており、みのる君は感心しきりだった。隣の敷地には自らが掘り出した温泉もあって、晴れた日には富士山を眺めながら、ゆっくりと過ごす事ができそうだ。生家も近くにあって、時々は帰省される由、駐車場の係員が教えてくれた。さすが、ノーベル賞だ。あやかりたいが、みのる君の脳味噌では夢の又夢。特許の威力に圧倒された一日だった。

| | コメント (0)

サントリー美術館

 国立新美術館へ行く前、近くにあるサントリー美術館へ足を運んだ。カミサンの希望だ。「藤田美術館の至宝 国宝曜変天目茶碗と日本の美」と題したカミサン好みの世界が展示されている。カミサンは目を輝かせて観ていた。勿論、みのる君はあっさり拝見のみ。館内の大混雑に飲まれていた。きっと、お茶好きにはたまらない企画なのだろう。

 東京ミッドタウンなんて初めての訪問だった所為か、最初、入口が分からず右往左往してしまった。開館まで少し時間があったので、テラスで一休みしていたが、スズメが数羽うろついていた。人間様に驚かない。みのる君の自宅周辺のスズメは人間様の気配を感じると一目散に逃げ出すのが通例だが、さすが、東京のスズメは違う。物怖じしない。悠然としている。さも当然と云った風情で餌を要求しているようだ。都会と田舎育ちの違いか。

Suzume

 さて、開館時間も過ぎたのでそろそろ美術館へ行こうと思ったが、まるで入口が分からない。広い館内をウロウロする始末。地方からやって来たご同輩のご婦人もいて、一緒に入口を探す羽目となった。

 やっとの思いで入口にたどり着いたが、すでに大勢の客が列をなしていた。さすが東京だ。目玉の曜変天目茶碗を拝見したが、合理主義のみのる君にはその価値が伝わらない。きっと素晴らしいのだろうが、茶碗は茶碗だ。カミサンは感心しきりだった。

| | コメント (0)

国立新美術館で二科展拝見

 過日、カミサンと東京六本木の国立新美術館を初めて訪ねた。以前にも書いたが、昔の同人誌仲間の紅一点が第100回記念二科展で入選を果たしたと云う一報があって、それはめでたい、是非拝見しましょうと云うカミサンに背中を押され、新幹線で上京した。

 広い館内に入って、さて、どこかな、と戸惑っていると、偶然にも彼女とバッタリ出くわして、迷わず目的の展示物の前にたどり着けた。二科展は出展数が膨大過ぎる。みのる君の第一印象だ。さすが、と云うべきか。諸般の事情はあるものの、ちょっと門戸を広げ過ぎていないか。壁一面が作品で埋め尽くされている。じっくり鑑賞すると一日では足りないだろう。勢い、好みにあった作品に目がいく程度となる。

 彼女の作品は好評だった由。大したものだ。

 しばらくは作品談義や雑談に興じたが、彼女の知り合いも駆け付けていて、そちらのお相手もしなければならない、後程ゆっくり食事をしようと云うことにして、暫しは彼女と別れて、カミサンと絵画や彫刻、写真等を眺めて過ごした。

 精緻な絵画も多くあったが、みのる君好みではない。写真は多くの場合百分の一秒と云った瞬間を捉えるが、絵画は数時間、何十時間を費やして描く。時間の蓄積が形になる。精緻に描いた作品には時間の蓄積が感じられない。写真に近付こうとする発想は面白くない。

 写真部門を見ると、今度は写真が絵画に近付こうとしている作品も見受けられた。写真は写真であるべきだ。一瞬をいかに捉えるか。みのる君は一蹴しながら館内を一周。カミサンは例によってじっくりと観て回っていた。

 昼は彼女を交えて館内のレストランでささやかな祝賀パーティ。みのる君のお目当てはアルコールに尽きる。カミサンはノンアルコール。おめでとう。彼女と乾杯した後は、彼女が飲みかけのビールも頂戴し、足りないからと追加を注文し、心地よく呑んだ。

 私、一度も海外へ行ったことがないの、飛行機にも乗ったことがない。カミサンが唐突に云い出して、彼女に通訳をお願いして海外へ行きましょうと突飛な計画案を持ち出す。常々日本語の通じない所へは行かないと公言しているみのる君に反発しての発言だ。彼女は通訳も本業だ。確かに彼女がいれば心強い。とんでもない安い航空券で海の向こうに出掛ける事も出来ると云う。確かに安心だろうが、みのる君は無視する。二人で行ったら良い。みのる君はゴメンさ。等々他愛のない話に盛り上がった一日だった。

 とにかく、チャコちゃん、入選おめでとう。昔の仲間達には一報したからね。

| | コメント (0)

再び静岡県立美術館訪問

 2年振りに静岡県立美術館を訪ねた。昨秋、みのる君の昔の同人誌仲間の彼女が富士市で個展を開き、カミサンと観に行ってきたが、その折、来年は二科会静岡県支部展にデビューするかも知れないと話していた。作品を見込まれ、二科会の同人から応募を勧められていたらしい。それが現実になったと云う。

 5月末、カミサンと2年振りに静岡県立美術館を訪問。県民ギャラリーで開催中の二科展静岡県支部展に出品された彼女の作品を拝見。彼女にも再会。短期間で作品を仕上げなければならず、エラカッったこぼしていたが、大したものだ。作品の隅に書かれているサインが富士市の個展で見たサインと違う。聞いてみたら、あのサインはふざけている、と一蹴されたらしい。みのる君からすれば、あのサインは彼女の個性の発露、余ッ程前の方が良い。今回のサインは平凡過ぎる。でも、我を通す事は出来なかったようだ。これからが大変よ。今度は東京の国立新美術館での展覧会に間に合うよう頑張るわ。みのる君も陰ながら応援しよう。

 昼食に誘われたが、次々とやって来る彼女の友人、知人等の応対で忙しいだろうから、と彼女の申し出はお断りし、彼女が勧めた同館にあるロダン館を拝見。

 前回、「夏目漱石の美術世界」を拝見した際は迂闊にもロダン館を見落としていた。今回は少々じっくりとロダン館を一巡。有名な「地獄の門」や「考える人」等を間近に拝見。カミサンは一つ一つを丹念に眺めていた。

Kanngaeru

| | コメント (0)

とちぎ蔵の街美術館

 先週、カミサンと栃木市にある「とちぎ蔵の街美術館」へ行って来た。カミサンの好きな陶芸家の作品が多く出展されている。たまたまみのる君が出展目録を手に入れ、これをカミサンに見せると大騒ぎするだろうなと予感しつつ、人の好いみのる君の事だから、仕入れた情報を隠す事もせず、こんな展覧会をやっているそうだ、とさり気ない素振りでカミサンに目録を見せた。途端にカミサンの目の色が変わる。是非、行きたい。板谷波山や魯山人、濱田庄司に唐津の中里太郎衛門(十二代、十三代。以前、九州をドライブした際、わざわざこの店に立ち寄って茶碗を拝見した記憶がある。もっとも高価なものばかりで手が出ない。カミサンは記念にと徳利を仕入れていたっけ)、荒川豊蔵も。すごい、凄い、とカミサンは大はしゃぎだった。加藤唐九郎や河井寛次郎、藤原啓と云った錚々たる作家の作品が見られる。カミサンはすっかり舞い上がっていた。

 癸生川榮一(けぶかわえいいち)氏と云う栃木の経済人が収集したものらしい。とちぎ蔵の街美術館の展示用に、と寄付された由。やはり、文化はパトロンの存在が大か。

 およそ2時間、カミサンはじっくりと拝見していた。みのる君はいつもの通り、さっと一瞥のみ。蔵の町として名が通っている栃木市の蔵のある風情が心に残った。表には観光客も大勢いたが、美術館内は静まり返っていた。Kuranomati

| | コメント (0)

光琳アート

 3月3日まで熱海のMOA美術館で尾形光琳の300年忌記念特別展が開催されている。それを知ったカミサンが、是非見たいと駄々をこね、人の好いみのる君は何とか都合を付けてカミサンの希望を叶えてやった。

 最終日の2日前、つまりは昨日の早朝、雨の中を休む間を惜しんで出掛けていった。

 オープンは9時半からとホームページに載っていたので、8時半に着けば、開館前に車の中で少しは休息も出来るだろう。高を括っていたが、8時少し過ぎに駐車場に到着してみると、最終日直前の休日の所為かな、すでに開いているではないか。傘を差した人たちがゾロゾロと入口に向かって歩いている。駐車場にいた係員に確認すると、今日は早めに開けているとのこと。温かいご配慮なのだろう。カミサンは慌てて化粧を直し、身繕いを整える。相当気合が入っている。

 場内は大混雑していた。次から次へとお客がやって来る。大したものだ。燕子花と紅白梅の2点の国宝が同時に見られる機会は少ないらしい。併せて現代作家の作品も展示されている。みのる君もしばしはじっくりと拝見。大きさに圧倒される。

 カミサンは菱田春草や加山又造の作品も見られると云うので、この機会は絶対に逃したくなかったらしい。ところが、一番のお目当ての菱田春草の「落葉」は特別展の前半に展示され、後半は下村観山と入れ替わってしまったようだ。会場内の係員にそれを聞いて、いたく落胆していた。光琳の国宝も堪能したけれど、観山の「弱法師」も又造の「群鶴図」も良かったけれど、一番見たかった春草が見られない。悔しい。それでも光琳の作品を一つ一つ、じっくりと眺めていた。たっぷり3時間の鑑賞。美術館の混雑ぶりを味わうのは正倉院展以来だ。みのる君は人混みに飲まれ、すっかり疲れてしまった。

 駐車場に戻ると、狭い道路に駐車待ちの車が長く列をなしていた。大した人気だ。

 帰路、熱海から小田原方面に向かう真鶴道路は大渋滞だった。朝のうちは1時間もかからなかった距離が2時間たっぷりを費やす。助手席のカミサンは目的を果たした所為か、お疲れのご様子で、よく眠っていた。みのる君は苦情も云わず、雨の中、自宅へと車を走らせていた。

| | コメント (0)

MOA美術館

 9月末の休日、カミサンが行きたがっていた熱海のMOA美術館を訪問した。「茶の湯の道具展」が開かれており、10月初めには終了してしまう。ちょっと遠いけれど、是非、行きたい。いつもの強引さに負けて、みのる君は重い腰をあげた。

 当初は9月初めに予定しており、実は愛車が壊れた日、秩父経由でこの美術館に向うはずだった。さすがに車の異音を耳にしたカミサンはわがままを引っ込めたが、悔しがっていた。やっと車が直り、調子も確認したものだから、早速MOAを所望した次第。

 山中湖から交通量の少ない長尾峠を抜け、箱根スカイラインを走り、芦ノ湖スカイラインを走って美術館に到着したのはお昼近く。高速道路は一切使わず、快適に走れた。

芦ノ湖スカイラインで休憩。世界遺産の富士山がご機嫌宜しく鮮やかな姿を披露していた。

Hujisan

 箱根八里を馬で越えた昔の人たちも、きっと、この景色を眺めて声をあげたのだろうと思う。東名高速や御殿場市街(と思う)がよく見えた。

Moa

 MOA美術館には3時間程滞在した。能楽堂を拝見し、復元された豊臣秀吉の「黄金の茶室」も拝見し、肝心の茶道具展をじっくりと楽しみ、庭に出れば光琳屋敷やら庭園を散策、時間にゆとりがなかったため茶室での一服は諦めて貰ったが、少々お高い入場料に見合う内容だったかな。閉店間際のレストラン「桃山」で、みのる君はざる蕎麦を所望した。いささかお高いお値段だった。

 館内から初島が見えた。

Hatusima

 帰宅したのは真夜中に近かった。往復5百㌔を超える。熱海辺りで一泊が通常だろうけれど、生憎、翌日は法事を控えており、施主がいなければ始まらない。カミサンも無茶は云わなかった。

| | コメント (0)

夏目漱石の美術世界

 先日、静岡県立美術館で開催中の「夏目漱石の美術世界」展を拝見した。

 さる5月に岡山を訪問した際、広島県立美術館で同展を開催しており、ちょっと足を伸ばして拝見したいと思ったが、カミサンの要望する虫明焼やらを訪ねていると時間が足りない。調べてみると5月から7月には東京芸大で、7月13日からは静岡でも同展が開かれると知り、広島訪問を諦めた経緯がある。カミサンは、6月に上京した折、ちゃっかり芸大での同展を見やがった。亭主の諦めなんか意にも介さない。

 関東地方から東京経由で静岡くんだりまで行くのは気が重い。渋滞嫌いには都心は鬼門だ。少々時間が掛かっても山梨経由の一般道路活用の方が距離的にも近いので、片道250㌔を物ともせず、朝早くに自宅を出発、昼前には美術館に着いた。富士川沿いの山道は実に快適に走れた。

Sizuoka

 週末だったが、美術館は意外に閑散としていた。森の一角、小高い丘の上にある美術館はなかなか風格があった。現代彫刻なんかも点在しており、のんびり散策も一興。

 漱石が実際に鑑賞した絵の数々を、みのる君も珍しくゆっくりと拝見した。小説の一文も紹介しており、妙に嬉しかった。我輩は猫であるをデザインしたTシャツを手に入れ、悦に入った次第。一見の価値は十分にあった。

 館内のレストランは、少々お高い。カフェで我慢したあたり、みのる君の面目躍如といったところ。カミサンは不満顔だった。

 その後、三保松原を散策。あいにくの曇天で富士山は望めなかった。

| | コメント (0)

軽井沢高原文庫

 やっと時間が取れて、過日、カミサンと軽井沢を訪問。一年振りに万平ホテルでコーヒーを味わった。ついでに周辺散策に及び、カミサンの希望もあって、しぶしぶと軽井沢高原文庫に立ち寄ってみた。

 画家であれば、その作品を間近に見られて興味も湧くけれど、文学関係の博物館であれば、精々初版本の展示や自筆原稿やら書簡類ばかりだろうから、あまり見たいとは思わない。が、野上弥生子の書斎や堀辰雄の山荘が移築されているとのこと。建物拝見であれば、少しは興味も湧いてくる。

 訪ねた時は堀辰雄の没後60年と銘打った「堀辰雄展」が開かれていた。「風たちぬ」にあやかったか。追分で撮った写真が展示されており、川端康成や室生犀星、河上徹太郎等が写っている。最近、河上徹太郎の肉声を聞いているものだから、ついつい眺めてしまった。

1412

 写真は高原文庫の敷地にある堀辰雄の山荘。古色蒼然。卒論で堀辰雄を取り上げた友人の濱野悠のことを思い出し、悠なら、きっと別の感傷もあっただろうと思ったが、これも古色蒼然か。

 敷地内には中村真一郎の文学碑や立原道造の詩碑もあって、馴染みの作家の一端に触れられるが、今ひとつ迫力に欠ける。道路を挟んで有島武郎の別荘「浄月庵」があり、カフェになっている。ここでカミサンとコーヒーを頂き、文学談義のひと時を送った。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧