雑記

45都府県走破記念写真集

 今、写真集作りに励んでいる。間もなく完成と云う頃合だ。7月に鹿児島県までドライブして、みのる君の念願だった北海道と沖縄を除く45都府県走破を達成した。この快挙を一冊にまとめている。訪問した45都府県で撮った写真を都府県別に並べて、悦に入る。なかなか素晴らしいじゃないか。

 21世紀に入ってからの17年間、仕事を持つ身では5月連休や夏休みと云った時期にしか無茶は出来なかった。ご年配のお年頃に近付くと少しは時間的な余裕も生まれて来たが、今度は金銭面の余裕を失っていくので、なかなか思い切った行動は難しい。それでも、何とか45都府県をカミサンと珍道中が出来たのは、ひとえにみのる君の根性あるのみだ。大したものじゃないか。走り回った距離は恐らく7万㌔を軽く超えているだろう。よく走ったものだ。

 最近、高速道路上に強引に車を停車させた挙句に大事故となった悪質な事案を検証するニュースがテレビ等で報じられていた。後続車に煽られることはみのる君自身も時折経験する。煽られたら敢て速度を落として相手を冷やかしてしまう。みのる君の悪い癖だが、これからはもう少し身の安全を考えた方が良いかも知れない。みのる君自身も、例えば狭い一車線道路なのに、赤信号で停車中の前の車が青信号に変わった途端に右折ランプを点滅させる車に出くわすと、これが意外に多いが、みのる君は思わずクラクションを鳴らしてしまう。方向指示器の出し方が間違っている。意思表示は早い時期から示すべきだ。交通ルールはしっかり守って貰いたい。トンネル内での無灯火も結構多い。ご本人は得意なのだろうけれど、ルール違反だし、第一事故にでも遭遇したら無灯火は不利だろう、損するのはご本人だろうと思うけれど、安全管理が疎かになっているような運転手が案外に多いようだ。基本的な交通ルールはしっかり守っているみのる君にとって、ルール軽視には、つい敏感になってしまう。常に対向車や後続車の動きに気を配って運転している身には無遠慮な運転に遭遇すると癪に触ってしまう。でも、逆恨みも怖いから、これからはもう少し寛容になろうか。

| | コメント (0)

懐かしい場所を訪問

 久々に子供時代を過ごした場所を訪ねた。たまたま近くまで用事があって来たついで、久し振りに我が故郷を走ってみるのも一興、みのる君は懐かしい場所を訪ねてみた。

 さすがに昔日の面影は残っていなかった。みのる君が稲刈りの終わった田圃で悪ふざけして叱られた思い出の田には、勿論家が建っている。牛が驚くからあっちへ行けと云われた田圃も住宅街に変わっている。小学校時分に自転車の練習に明け暮れた砂利道も残っていない。こんなに狭かったかな、と云う感想のみ。周辺の子供達とメンコに興じていた路地も、今は車が走っている。そう云えば、「嵐」の桜井翔クンのお父上と一緒にみのる君の幼い頃を撮った写真が残っている。翔クンのお父上の父親が撮ってくれたものだ。みのる君の親父殿が写真の裏に撮影年月日を明記していた。みのる君の姉や妹も写っている。背景は桜井クンのご自宅前だろう。かすかな記憶。まだ建設中だったみのる君の通った中学校の姿も何となく覚えている。時を経て、その中学校は廃校となってしまった。みのる君のような逸材が少なくなってしまったからだろうか。都市部でも過疎化が進んでいるか。中学校時代の憧れの女子のお宅は呉服店に変わっていた。ドングリを拾い集めていた大学の森は公園になっていた。キャベツ畑はゴルフ練習場、川の土手に巣食っていたヘビを素手でとっ捕まえては振り回していた場所も、今は交通量の多い道路になっていた。みのる君の腕白時代は、すでに遠い過去。当然と云えば当然ながら、すっかり変わってしまった町の姿に、みのる君は一抹の寂しさも抱いた。憧れの彼女は何処へ行ったのだろうか。ふと気になった一日だった。

| | コメント (0)

桜とこいのぼり

 年々、我が家の桜は貧相になっていく。桜が散ってからの十一ヶ月は枝に止まったカラスやハトが糞をするわ、葉っぱがご近所に散らばるわ、気色悪い虫が付くわ等々周囲が困惑するばかり。みのる君が桜なんか切ってしまえと不平を云うものだから、カミサンも多少は気を遣って植木屋さんにお願いして枝を落として貰っている。周囲への配慮もあって、体裁はお構いなしで落として貰った結果、益々我が家の桜は情けない姿になってしまう。今年の桜はすっかり貧相になってしまった。やむを得ないだろう。

Wagasakura

 少々淋しい桜の風情なので、ごく一部だけご披露。カミサンは形が悪いとブツブツ云いながらも、みのる君を誘って、お茶を一服点ててお花見と洒落込んだ。確かに見栄えが悪いが、やむを得ないだろう。

 あっちこっち車を走らせていたら、なかなか見応えのある桜並木に出くわした。早々と鯉のぼりが泳いでいる景色にもでくわした。いよいよ春本番か。

Sakura
Koinobori

| | コメント (0)

久々の再会

 みのる君の学生時代の仲間、チャコちゃんのご自宅を初めて訪問した。勿論、カミサンもご一緒。

 実は、書道家であるチャコちゃんのご母堂がカミサンに書を書いて下さり、掛け軸にして下さった。温かいご厚意。チャコちゃんが8月に個展を開催した折に書のお話を伺っていたが、なかなか双方のご都合が合わず、ようやく最近になってお邪魔できる機会が訪れた。チャコちゃんは今年も二科展に作品を発表されたが、生憎、みのる君達は娘の披露宴で慌ただしい時期だったので、観に行く余裕がなかった。カミサンはお茶の行事も立て込んでいた。最近になって何とかお互いの時間が調整できたので、みのる君達は富士市の彼女のご自宅へ赴くことができた。

 富士市内のホテルに一泊。チャコちゃんは仕事が忙しいので夜まではお付き合いできないと云う。せめてお昼はご一緒させて頂くわ。彼女のご実家でご母堂から掛け軸を頂いた後、彼女の運転、案内で富士山裾野の古民家風のお店、いかにもカミサン好みのお店で美味しい食事を味わった。みのる君はまだホテルまで車での移動があるからアルコールは口にできない。彼女と呑む機会が訪れないのが無念なり。

 彼女のご自宅に戻ってからしばしは談笑。部屋には彼女の作品が溢れていた。二科展に出品した作品も拝見。どれも精緻なタッチ。1、2日ではモノにならないと思う。よく絵を描く時間が取れるね。みのる君は感心しきりだった。チャコちゃんのご活躍には頭が下がる。

 下は二科展には出品しなかったが、彼女お気に入りの作品。傑作、労作だ。Chaco_chan

| | コメント (0)

緊張の大役

 昨年末に籍を入れた娘が漸く関係各位にお披露目と相成った。そのお披露目には花嫁の父であるみのる君にとっていたって緊張の一幕があった。近頃は業者主導のセレモニーに依存しているのか倅の時と同じような一連の流れに身を任せていれば式は進み披露宴が盛り上がる。仲人もいない。この一連の流れの一つに父親には花嫁を伴って厳かに歩まなければならない重要な儀式がある。娘を婿殿に託すまでの束の間の儀式ながらみのる君にはエラく長く感じられる一瞬間だった。元来儀式やら型通りやらが苦手なみのる君には大層な苦行だったが娘の一大事だから無下には出来ない。真面目な父親然として振舞ったが腹が出た父親は絵にはならなかっただろう。周囲から冷やかされた娘は半分笑いながら歩む。お披露目の最後に娘から両親のこれまで育ててくれた恩に感謝の意が表されたがみのる君はしっかりと唇を閉じて天井の照明を眺めていた。緊張はみのる君の性には合わない。とにかくも父親の役目は終わった。カミサンもようやく肩の荷が下りただろう。彼岸にはみのる君の両親の眠る墓に参って親の役割終了を報告。いよいよ婦唱夫随の生活が本格化する。

| | コメント (0)

ついでにご披露

 ずっと以前に描いた東海道五十三次の色鉛筆画を引っ張り出した際、すっかり忘れていたみのる君の自信作も見付かった。忘却の彼方にあったみのる君の絵心だ。こんなイラストも描いていたっけ。映画少年だった頃のみのる君の自慢作。厚顔にもご披露の次第。なお、一枚はみのる君の友人だ。

Tangesazen_3Aran_dTomo

| | コメント (0)

東海道五十三次

 東京の博物館を巡って帰宅したカミサンが、珍しくみのる君にお土産を買ってきた。広重の東海道五十三次をあしらったクリアケースだ。あなた好みがあったから、買ってきたの。使って頂戴ね。有り難いお言葉だが、資料入れにはA4版が便利なのに、文庫本サイズのクリアケースじゃ、あまり利用価値は無い。折角のご厚意だから素直に受け取らなければならない。お店のレシート入れにでも使えるだろう。

 このクリアケースは、東海道五十三次の「蒲原」と「庄野」が描かれていた。これを見たみのる君は、いきなり遠い昔を思い出した。

 そう云えば、今からン十年も前、みのる君が学生生活を送っていた頃、暇に任せて色鉛筆で東海道五十三次を描いていたっけ。学業の傍ら、星空を眺めては流星群を楽しんだり、人工衛星を追っかけたり、喫茶店に入り浸っては友人の東海二君と芭蕉談義に明け暮れていたり、新宿西口の安い飲み屋で仲間達と気勢を上げていたりしていた時分。色鉛筆で「日本橋」や「蒲原」、「庄野」、「鞠子」を描いて自慢していた。「鞠子」には芭蕉の句を欄外に書き添えていたっけ。懐かしい思い出。

 早速、書棚を引っくり返して件の絵を探し出した。少々日焼けしていたものの、4枚の自信作が出てきた。久し振りに我が作品を眺める。上出来じゃないか。みのる君の絵心も捨てたものじゃない。カミサンは、きっとこの絵を見ていたから、同じ宿場のクリアケースを買ってきてくれたのだろう。なかなかのご厚意だ。感謝しなければならない。以下は、みのる君ご自慢の作品。大したものじゃないが、ご本人は至って自慢である。

Kanbara

Syouno

Mariko

| | コメント (0)

子供達に感謝

 過日、倅が主導してみのる君を労う会を催してくれた。久し振りに一家全員が一堂に会しての慰労会。山間の温泉旅館に倅夫婦と孫娘、娘夫婦が揃って、みのる君の長年のご苦労と陰で支えたみのる君のカミサンを労わる。有り難い事だ。温泉旅館を予約する際は、みのる君の顔が利く宿を指定したので、女将から格別のご高配に与った。夕食と朝食では特別室が用意されており、みのる君好みのお酒を振舞ってくれた。お蔭でたっぷりと呑んだ。感謝あるのみ。各自、夕食までのひと時はそれぞれが温泉にゆったりと浸かり、孫娘は足湯にはしゃぎ、夕食時は部屋中を賑やかに飛び回って大人たちから拍手喝さいを浴びていた。なかなか普段では味わえない非日常の時間を満喫した孫娘は部屋に戻るやすぐに寝入ってしまったようだ。すっかり大人になった子供達には大変世話になってしまった。感謝あるのみ。今は第一線を退いたみのる君が苦労の甲斐もあったかしら。

 カミサンも大満足していたようで、次の週は日帰り温泉に行きたいと云って、みのる君を連れ出して東山魁夷も泊まって絵を描いたと云う温泉宿まで出掛け、たっぷりと温泉を楽しんだ。そして、先週末は山梨の温泉宿で催された茶会にも出向く有様。参院選の期日前投票で一票を投じての温泉旅行、お茶の仲間達と温泉を楽しんで来た。カミサンは相変わらずマイペースだった。

 参院選は与党圧勝に終わった。いよいよ不自由な時代到来を予感させる。戦後体制が崩れて戦前に逆戻りしそうな雲行き。あぶない、あぶない。

| | コメント (0)

日光金谷ホテルに一泊

 カミサンが殊勝にもみのる君の誕生日のお祝いに日光金谷ホテルに一泊しましょう、勿論、私が費用を出すわ、と提案してくれた。今年は新婚旅行の追想で軽井沢の万平ホテルに泊まったり、カミサンの誕生日には新婚当初同様に帝国ホテルに一泊している。少々みのる君の懐具合が怪しくなってきた時分だったので異論はない。即座に提案採用となった。カミサンはクラシックホテルに興味があるようだ。独身時代は奈良ホテルで優雅なひと時を過ごしており、奈良方面にドライブした折、みのる君も一度は宿泊している。カミサンは前々から日光金谷ホテルに関心があったようだ。

 第一線から離れ、清貧の日々を覚悟する身には聊かお高いホテル代だが、カミサンが太鼓判を押すものだから、この際、甘えよう。早速、過日、日光まで車を走らせた。

 ホテルの駐車場に車を預け、久し振りに東照宮を参拝した。平日なのに、結構、大勢の観光客がうろついている。外国人も目に付く。さすがに世界遺産。驚いたのは、年寄りが多いこと。平日の観光地は老人ばかりなのか。ちょっとショックだった。みのる君も同類に見られたのだろうか。ご本人は若輩者のつもりだが、世間様は冷淡、冷静に見ているのだろうな。ガッカリでもあった。

 夜はフレンチのコース料理を頂く。アルコールは冷酒。カミサンの顔色を窺いながらお代わりを頂く。カミサンは、どうぞ、どうぞと勧めてくれる。今回ばかりは太っ腹のご様子だった。先日は自宅で茶会を催し、わざわざ島根は松江風流堂の古代山川を取り寄せる程の熱の入れ方で、その他諸々大分費用も掛かっているはずだが、後は野となれ山となれの心構えか。後が怖い。

 翌朝、朝食前にホテルの敷地を散策。かの神橋が掛かる大谷川の川辺まで下りてみた。神橋を下から眺められる。これまで幾度となく上の道路を車で通っているが、下からのアングルは初めて。ついつい写真を撮ってしまった。

Nk01

 チェックアウト後はカミサンの要望に従い、中禅寺湖畔にあるイタリア大使館別荘記念公園を訪ねた。駐車場から15分程歩く。みのる君好みではなかったが、奢ってもらった手前、いやとは云えない。前日の東照宮参拝では上り下りに閉口していたが、まさか、再び歩かされるとは思わなかった。

 イタリア大使館別荘は著名な建築家の設計の由。昭和3年に建てられ、平成9年までは歴代の大使が使っていた由。杉皮張りの外壁は趣がある。カミサンのうんちくにも驚く。ここもお年寄りの団体様が我が物顔で闊歩していた。

| | コメント (0)

帝国ホテルに一泊

 今年は結婚ン十年記念に新婚旅行で訪ねた地を巡るドライブを敢行したが、仕上げは帝国ホテルに一泊だ。新婚時代、カミサンの誕生日に帝国ホテルで優雅なひとときを送ったが、今年のカミサンの誕生日は当時と同様、帝国ホテルに泊まろう。この時も仕事を休んで、結婚ン十年記念の仕上げを実行した。

 久し振りに新幹線に乗った。カミサンは月に一度はお茶の稽古やらで上京しているから慣れたもので、みのる君は大人しく後に従うだけだった。

 ホテルは24階の部屋だった。眼下には山手線と有楽町駅。新幹線も時折やって来る。遠くを望めば建物の間にスカイツリーが見える。羽田方面に向かうのだろうか、旅客機が頻繁に高層ビルの向こうに現れる。さすが東京。しばし表の景色に見とれてしまった。電車の音がひっきりなしに聞こえる。ちょっと賑やかだ。

 夕食は銀座に繰り出し、お手頃そうな和食の店に入る。ここでカミサンの誕生日に乾杯。恐る恐る店の人に、ここは煙草を吸えますかと聞くと、控え目にどうぞ、と灰皿を持ってきてくれた。ホテルの部屋は禁煙だし、辺り一帯歩行禁煙の都会、みのる君は数時間振りに一服の清涼を味わった。都会は不便な場所だ。

 翌朝はカミサンの希望を叶えて、皇居一周の散歩。ランナーが多くて聊か閉口してしまった。何もこんな場所で走らなくても良いだろうに。ひっきりなしにランナーが脇をすり抜けていく。日本語以外も随分と飛び交っていた。散策途中、外人さんが寄ってきて、みのる君のカメラを指さして、何やら話しかけてきた。夫婦のツーショットを撮ってやりましょう、と云っているらしい。みのる君は片言英語のお礼を云って記念撮影してもらった。サンキュー。英語で会話するなんて、ずっと以前に訪ねたハワイ以来かな。一応、通じたみたい。外人さんはニコニコ笑いながら去っていった。

Kesityou

 散歩の途中で有名な建物を撮影。相棒は笑っていた。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧