書籍・雑誌

翻訳文学と国のあり方

 岩波書店の「図書」10月の巻頭に、二宮正之氏と云う日仏近世文学の先生が「翻訳文学と国のあり方」と題した一文を発表している。国は翻訳文学にもっと資金援助した方が宜しいと云う内容だが、その中で目を引いたのは、次の文章。「マンガが世界を席巻したのはけっこうであるが、今の日本で文学に対する関心が急速に薄れていることは否定しがたい。文学軽視が精神の貧困につながることは明らかなのだ。」

 氏の論調はちょっと乱暴だが、「文学への関心が薄れている」事実は同感。しかし、だからと云って、「文学軽視」とイコールにはならない。文学軽視が「精神の貧困につながる」と云うのも短絡的すぎる。心情的には十分に理解出来るけれど。

 多分、マンガやTV、映画と云った多様な媒体の出現が「文学」への関心を薄めているのだろう。いずれも昔は無かった表現媒体。溢れる出版物、ノウハウ本の山も一因。選択肢が多すぎると手を出さない。

 和歌や俳句は視覚的だ。かつ、既成のイメージをベースにしている。「花」と云えば「桜」。「桜」と聞いて万人が思い描く「桜」は、大体一致している。こうした既知にすがって歌を詠み、五七五に盛り込んでイメージを共有する。極論すれば現代のマンガと同じ(いささか乱暴かな)。芭蕉は、この既知感をちょっと壊して独自の世界を構築した。蛙は鳴くものと云う大方のイメージを壊して、「飛び込む」と表現したから拍手喝さいを浴びた。

 イメージに頼った「マンガ」の素地は昔からあった。だから、マンガが世界を席巻しても文学軽視にはならないと思う。視覚は思考停止を招くと云う一面も内包しているけれど…。

 学力テストの結果は競争をあおるから公表しない、と云う姿勢の一方で、規制緩和で「勝ち組」や「負け組」と云った枠組みを是認するような競争原理を導入したり、一時は空洞化を招く政策を積極的に推進した国の首尾一貫しない姿勢に言及していれば、もっと説得力があったと思う。国は文学に無関心と云う議論の方が余程面白い。

| | コメント (0)

ロシア滑稽譚

 「ロシア滑稽譚」(筑摩書房。昭和52年。中村喜和訳)と云う艶笑話満載の本がある。下卑た笑い話が延々と続く。庶民の機知。古今東西、人間は変わらぬ生き物だね。あんたも好きね、と云う加藤茶の名台詞で片付けられる内容。ロシアの国民性の一端を知るには役立つかも知れない。肩の凝らない笑い話。真面目にはお薦め出来ないけれど、不真面目にはもっとお薦め出来ない。どっち付かずの方々はご一読を。

| | コメント (0)

加田怜太郎全集

 知っている人は知っている加田怜太郎。本格推理小説家として話題を呼んだから、本格推理小説好きは目を通しているかと思う。親友の福永武彦が自分の全集に収蔵(「福永武彦全集」第5巻:新潮社)している。いかにも本格モノらしい勿体ぶった文章。舞台設定から登場人物までも本格風で溢れている。主人公、伊丹英典の由来も楽しい。たまには、遊びの精神に触れるのも好い。趣味的な悪戯万歳。

| | コメント (0)

「学問のすゝめ」の発行部数

 ご存知、福沢諭吉の「学問のすゝめ」は明治5年から9年に書かれた書物だが、ベストセラーと云える程、売れに売れたらしいね(どうでも好い事だけれど…)。明治13年までに70万部を売ったと云う。しかもニセモノまでも10数万部が売れ、諭吉自身が「古来稀有の発見」と云った由。お陰で慶応2年に刊行した「西洋事情」も20数万部が売れたらしい。相乗効果かな。

 明治維新直後の時代にあって、70万部の販売は驚異的だろうね。版元は儲かってしようがない。諭吉も莫大な利益を得て、慶応義塾の経営も賄えたと云う。第一、この時代に本が売れると云う風土があった事が驚き。70万人の読者も立派なものだ。テレビもラジオもインターネットもない時代でさえ情報は共有された風土。明治時代の向学心に拍手だね。中村光夫の「明治文学史」に発行部数が書いてある。

| | コメント (1)

日本語のリズム

 若干古い書物だが、別宮貞徳氏の「日本語のリズム」(講談社現代新書。昭和52年発行)は、日本人のリズム感覚から独自の文化論を展開しており、一読も宜しいかと思う。普段、見過ごしてしまう視点から四拍子文化論を語っている。

 日本語は二音節が一単位となっている。例えば、英語の「スタート」は一音節なのに、日本語では四音節となってしまう。日本語の音節は極端に短くかつほぼ同じ長さ(等時性)に発音される特徴を踏まえた四拍子文化論。五七五は休符付きで4分の4拍子。日本人は三拍子が苦手なのは、「日本人の四拍子文化は、先祖が農耕民族だったからである」と述べ、韓国はじめヨーロッパでは圧倒的に三拍子が優位なのは、騎馬民族で動きに上下動が加わっているから、農耕のリズム感とは違う跳躍のリズムとなったと云う。

 和歌や俳句を読む時、この四拍子を意識してみると、成程、確かにその通りと感じ入ってしまう。

| | コメント (0)

日本語のために

 昭和49年、新潮社から刊行された丸谷才一氏の「日本語のために」ではしょっぱなから国語教科書批判を展開している。食ってかかっている感じもするけれど、指摘のいちいちはまさに正論。今の国語教育を見直す好材料の一つかも知れない。発行されて30余年、未だ色褪せないのは学校教育が古色蒼然としている証拠だろうか。「子供に詩を作らせるな」、「子供の文章はのせるな」、「小学生にも文語文を」などと挑戦的な惹句が並ぶ。「文学づくのはよそう」と云って、国語教科書の編者の浅薄な文学好きを揶揄している。最後に、「字も教へずに何が文学なものか。」と締めくくっている。その通りだろうね。

 昨今、TVや雑誌で日本語のクイズ番組が溢れている。日本語を見直す機会にはなるけれど、それ以外何の役にも立たない。絵文字の氾濫を放置しておいて、一生使う機会もないだろう難解な言葉をクイズに仕立てるのも、いかがなものかね。

| | コメント (1)

変わる日本語

 「変わる日本語」と題した講談社ゼミナール選書(昭和56年刊。若干時代遅れか)の中に、斎賀秀夫氏(国立国語研究所)の「現代人と漢字」を述べた一文がある。今の人々(昭和56年時点)の文字意識を論じていて面白いいが、特に成程と感心したのは、学生の漢字に対する意識の変化を述べたくだり。昔の学生は漢字の誤字を指摘されると「それこそ顔を赤くして、消え入らんばかりに恥じ入るそぶりを示した」が、今の学生はケロリとしている由。ところが、英語のスペリングの間違いを指摘すると、「顔を赤くして、モジモジと恥じ入る」そうだ。

 自国語のスペリング(要は漢字の誤字)のミスには平然としているのに、外国語のスペリングの間違いには大いに恥じ入るのは、「ふだんから、通じさえすればいいではないか、という感覚が根底にあるから」だと学生気質ないしは現代日本人の大雑把さを見抜いている。恥の文化も変わってきているのだろう。昭和56年当時で既にこのような学生気質。絵文字文化が誕生してもおかしくない環境は醸成されていたのだろうと思う。

 本日15時半から10分間程度、サーバーのメンテナンスの由。閲覧もコメントも出来なくなります。ご了承下さい。

| | コメント (1)

ナカマとヨソモノ

 井上ひさし氏の「私家版日本語文法」(新潮社。昭和56年)に、指示代名詞の「コレ」、「ソレ」、「アレ」、「ドレ」(ひっくるめてコソアド称格体系。コ系は近称、ソ系は中称、ア系は遠称、ド系は不定称)に言及して、ナカマとヨソモノについて論じたくだりがある。コソアドは遠近区分け法であり、自分と相手との間合がこの指示代名詞に表われてると述べている。「コレ・ソレ」の場ではじつに礼儀正しい。仲間内と云う環境だからだ。仲間以外は、「アレ」とか「アチラ」さんとか、ないしは「ドレ」とか「ドチラ」なんて云って余所者扱い。

 夫婦間の会話では、しばしば「コレ」や「ソレ」が出てくる。おい、あれ、取ってくれ。あれって、これね。これでお仕舞い。意思は通じる。これが「ナカマ」と云う範疇。友達同士の会話で、あいつはだらしねえよな、などと陰口を叩く場合なんかでは、「アレ」が出てくる。友達同士から見れば、「あいつ」は仲間ではない。ヨソモノの部類。日本人は巧みにこの指示代名詞を使い分けて、自らの位置を確保している。御説ご尤も。

 ケータイ電話がすっかり普及して、近頃は絵文字なる表現方法やギャル文字が跋扈している。ネット社会では仲間内の符丁がアッと云う間に世の中を席巻してしまう。マスコミも面白がって取り上げるものだから、意味不明の表現の洪水状態。いかがなものかね。仲間内の言葉遊びの延長線で社会と繋がっていると、これまで培ってきた文化が廃れてしまう気がする。ヨソモノとの緊張関係を保っていないと、やがて自ら余所者になりかねない。お前、こんな言葉を知らないのかい、バッカだな、なんて仲間から揶揄されて余所者の悲哀を味わってはバツが悪かろう。

 絵文字。何たる無精で画一的な表現。古代回帰か。文章には行間のニュアンスを読み取る楽しみがあるけれど、ワンパターンの絵文字にそれは期待出来ない。「夏って感じ」の表現方法が違和感なく受け入れられて久しいけれど、この言葉の印象にすがった表現方法から派生したのが絵文字かも知れない。意味は理解出来るけれど、例えば、笑いには微笑みもあれば苦笑もあり、爆笑や哄笑、嘲笑と云った表現があって腹を抱えるなどと云った言い回しもあるけれど、それを他愛ない絵で片付けてしまって良いのかな。

 文末辺りに「(笑)」と書く手抜きの表現も同様。自ら思考を停止しておりますと云っているようなものだ。時々、コメントを頂戴する元木さんには失礼かも知れませんが、ご理解の程を。他意はありません。みのる君の文化論の一端です(笑)。

| | コメント (0)

広辞苑第六版

 広辞苑第六版を衝動買いしてしまった。みのる君の書棚にはすでに第二版と第四版が鎮座している。カミサンも第二版を持っている。一体こんな重いモノ、どうするの。カミサンが呆れている。確かに重い。ほとんど無用の長物だろうな。第四版を買っても、これを紐解いた記憶がない。飾っておくだけ。当時は逆引き広辞苑も発行され、ついつい買ってしまった。今回も、懲りずに手を出してしまった。

 昔のみのる君は「ツンドク」と云う読書が好きで、読みもしないのに次々と全集本を買っては悦に入っていた。最近は金欠病が悪化して、滅多に買わない。買えない。それに買いたいと思う本も少ない。本屋にはあふれんばかりの書物が飾ってあるけれど、どうも食指が動かない。読むのも億劫になってしまった。唯一森博嗣のミステリーばかり読んでいる。近頃はこれもすっかり飽きてきたけれど、惰性って怖いね、本屋で新刊を見かけると手が出てしまう。

 広辞苑第六版には付録が付いている。「漢字・難読語一覧」なんかは重宝しそうだけれど、「手紙の書き方」なんて大きなお節介まで付いている。大分読者におもねているみたい。時代の流れかな。

| | コメント (0)

図書11月号の巻頭文

 岩波書店発行の「図書」11月号の巻頭に、フランス文学者の鹿島茂氏が面白い一文を寄せている。

 昔は書物を読むことから始まって、作者に同化し、やがて自他を比較し自我の独立性を発見するに至った過程があり、その上で「書く」行為となっていたが、最近は初めからユニークな自己ありきを前提として、読む必要はない、書くだけと云う天上天下唯我独尊タイプが増え、「書く人」ばかりの「カラオケ社会」となってしまったと断じている。実に明快。「カラオケ社会」とはよくぞ云ってくれた。拍手。まさに、その通りだろう。

 かく云うカラオケの嫌いなみのる君なんぞも、最近はすっかり本を読まなくなってしまい、耳が痛いが、多少は意欲が残っている(つもり)から、拍手を送る気にもなる。同化に同感。自他の確認作業には、人様の影響を受けることが必要だろうね。

| | コメント (1)