日記・コラム・つぶやき

今年もマイペース

 今年の正月も大いに呑んだ。二人の孫を伴って倅夫婦がやって来た。恒例の百人一首にも興じた。二人目の孫が何気なく目の前の取札を取ると、まさに正解。大人たちは大騒ぎだった。娘夫婦も顔を出し、カミサンは抹茶を振舞う。例年通りみのる君宅は賑やかな正月を迎えた。年に一日位は何処へも出掛けず、家族で呑気に過ごす。みのる君は頑なにこの方針を貫いている。だから、元旦の初詣は一度も無い。残り364日はお好きなように。みのる君自身も残りの日々は好き勝手、マイペースに送っている。

 今年はお月様が邪魔していて、流星群も期待出来ない。極大日の夜明け前、念の為に寝間着姿で玄関先に出てみたが、やはり、一つも流れ星は見られなかった。寒いから早々に退散。本日、7日の明け方は木星と火星が最接近の由。月明りもあったが、流れ星と違って、晴れていれば東南の空にしっかりと見えるはず。昨朝、みのる君はお手軽なコンパクトカメラでこの現象を捉えた。三脚が無いから手振れがひどい。そこで、最接近の今朝方、寒いので窓ガラス越しに、窓枠にカメラを置いて木星を撮影。安易なカメラ固定だから振れあってピンボケながら、何となくそれらしい一枚が撮れた。左側が木星、右下が火星。

Jm180107

 今年も呑気に気ままに書いていきますので、懲りずにご贔屓の程を。

| | コメント (0)

今年もおしまい

 今年も何とか無事に終わりそうだ。酒代や煙草銭、ガソリン代ばかりに費用を投じているが、今の所、別段異常は見られない。無事に一年が終わる見込み。今年は念願だった九州鹿児島まで車で行って開聞岳を拝見した。これが最大の成果。やはり、みのる君は頑丈なのだろう。秋以降は、ひょんなことから史跡巡りにも興じた。カミサンが上州は下仁田のネギを買いたいと云うので、わざわざ下仁田まで出向いたが、途中、上野(こうずけ)三碑の案内板を見付け、立ち寄ってみた。多胡碑については続日本紀にも記載されている由。世界の記憶遺産に登録された所為かな、周辺はきれいに整備されていた。山上碑は結構な石段が長く続いた先にあって、みのる君はやっとの思いで上った。カミサンに笑われてしまう。酒や煙草を止めた方が良いと云われる始末。なんぞこれしき。エスカレーターでも用意してくれれば、もっと気楽に行けるのにと思う。金井沢碑も少々歩いたが、山上碑程の汗は流さなかった。大前田栄五郎の墓やその周辺の城跡も巡ったり、古代に思いを馳せた一年でもあった。めでたし、めでたし、だ。みのる君のドライブ癖は直らないだろうから、来年も歩かずともあちこち出歩けると思う。段々と世情が不穏な雰囲気。戦前回帰志向が強くなっている印象。SNSなどと云う道具がもてはやされ、悪口雑言流言が飛び交っているこの頃。日本語がどんどん壊れていくのに、政治家自身がSNSを重宝に利用している。益々不穏。などと憂いつつ、みのる君は今晩の肴に気を取られながら、一年を終える。来年も、優しく見守って頂ければ幸いです。

| | コメント (1)

時計が壊れた

 我が家の柱時計がついに動かなくなった。最初は電池切れかと思って、新しい電池と交換してみたが、少し動き出しては、すぐに止まってしまう。電池を外して入れ直してみたり、振り子を叩いてみたり、思い付く対応策を講じたが、処置無し。とうとう諦めてしまった。我が家を新築した際に同僚等からプレゼントされた新築祝いの時計だが、仕事を辞めてしばらくしたら壊れてしまった次第。もうお前には用が無いだろう、と云う仕事仲間からの温かいメッセージか。居間に居て時間が不明と云うのは不便な限りだ。見たいテレビ番組を見逃してしまう。やむなく、電池切れで随分の間お飾りになっていたみのる君が結婚式を挙げた式場から贈られた時計を使うことにした。が、長期間お飾り同然だった時計に電池を入れ、時刻を合わせようと長針を動かしたら、根元で針が折れてしまった。これも使い物にならない。仕事を辞め、呑気な定年後生活者に時間管理は無用と云うどなたからかの思し召しか。段々と時間の感覚が薄れて良し、後はゆっくり時の経つのを楽しめ、と云う事なのかも知れない。「時」から解放されるのは幸せだろうけれど、やっぱり、見たいテレビ番組は見たい。昔、職場で頂いた小さな置時計に電池を入れて、目の届く範囲に置いて、時々は時間を窺っているこの頃。益々お気楽になっていく感覚。これも良し、か。

| | コメント (0)

七五三

 過日、倅夫婦に伴ってカミサンと懐かしい神社へ行って来た。倅の娘が七五三のお年頃となった。早いものだ。孫は日々成長している。早いものだ。久し振りに神社の境内を散策。そう云えば、倅の七五三もこの神社だった。みのる君が踏ん張って家を建てた年にここを訪れている。確か、当時、初めてビデオカメラを購入して、倅の七五三の様子をビデオに収めていたっけ。みのる君は家中を家探しして、古い映像を見付け出した。今は再生も出来ないHGタイプのテープに記録し、その後、念の為、ビデオ装置が壊れる前にDVDへ映像を移しておいたので、何とかテレビで鑑賞することが出来た。

 ン十年振りに当時の様子を拝見した。新築直後の真新しい我が家がしっかり記録されていた。今ではすっかり巨木となって落ち葉掃除に苦労する桜の木は、実に細々としていた。周囲には空き地も目立っていた。懐かしい光景。倅が神社ではしゃぐ様子や娘の元気な様子もしっかり記録されていた。早いものだ。二人とも今は結婚して穏やかな生活を送っている。映像の二人の様子とは大違いだった。すっかり七五三とは無縁だったが、孫の七五三を迎えて、改めて古い記録に接すると、今は昔の物語が蘇る。やっぱり、早いものだ。アッと云う間にみのる君は年寄りになってしまった。子供達からは、いつも健康第一に、と云われている。酒も煙草も相変わらずのペースのみのる君だが、まだまだ頑丈である。

| | コメント (0)

11周年

 お蔭様でブログを始めて11周年を迎えました。ざっと数えてアクセス数は10万を超えました。これはひとえにみのる君の他愛無い戯言にお付き合い下さっている皆様のお蔭です。何かしら世の為、人の為にお役に立っているかしら。などと云う高慢な思いは無いと思いますが、継続の礎になっているかも知れません。改めて皆様に感謝申し上げます。11年前と比べると、世の中益々不穏な雰囲気になっているように感じられます。すっかり戦前回帰の様相。孫二人の好々爺となりましたが、孫の行く末ばかりが気掛かりのこの頃、夜も眠れず、昼間っから惰眠を貪るこの頃でもあります。そろそろ草臥れております。段々記事も減っていくかと思いますが、もう暫くお付き合い頂ければ幸いです。相変わらず、あっちこっち車で走り回っており、好奇心は旺盛のようです。時折、見聞を書くつもりですので、懲りずにご期待の程を。

| | コメント (0)

ますます不穏

 いよいよ戦前回帰か。改憲論ありきで世の中が動いている。日本が誇る「戦争をしない国」は段々と影が薄くなっている。時の総理は「対案」ばかりを口にする。何故、野党は今のままで良いと云えないのだろうか。戦前の治安維持法みたいな法律が衆議院を通過した。いよいよ監視社会となってしまう。「国防」を標榜した自衛軍を作ろうものなら、徴兵制も俎上にあがってくるかも知れない。「軍隊」ともなると、いくら求人広告を出しても入隊希望者が集まらないかも知れない。すると、強引な人集めの案も出てくる。いっそのこと一度は兵隊経験も必要だろうと云う論法が幅をきかせてくるやも知れない。ますます不穏、物騒な時代到来か。アメリカの大統領なみにSNSで総理が一個人の意見に賛意を表するようになったらしい(インターネットのニュースを拝見)。一国の総理が世間話に首を突っ込むなんて呆れてしまう。明日のメシを心配する国民の生活にもっと思いを寄せて貰いたいものだ。ますます剣呑。

| | コメント (0)

初釜も終わる

 カミサンの初釜も終わった。相変わらず、年明けからバタバタと準備に追われての大事な茶事。カミサンは必死に頑張った。当日は、例によって家には居られないみのる君は適当に車を走らせて時間を潰す。年中行事だが、年々、カミサンの必死さに悲壮感が漂ってくるようだ。

 今年の初釜ではお仲間がお琴を持参して、ご出席の皆様方に優美な音色を聴かせたそうだ。みのる君も拝聴したかったが、叶わなかった。せめて録音でもしておいてくれれば良いのに、カミサンはそこまでは気が回らない。床の間にはみのる君の友人、チャコちゃんのご母堂が書いてくれた石川丈山の漢詩「富士山~仙客来遊雲外巓」を飾って、お客様に自慢する。待合には川端康成の書を飾る。何事も自慢が大事か。正月の一日、ゆったりと行事が終わったようだ。夕方帰宅してみると、部屋中が散らかったままだった。後片付けは後回し、今日は疲れちゃった。カミサンは屈託なく笑う。

Hatugama17

 後片付けが終わったのは一週間後。ついでに2月の大炉の準備も始める。カミサンの頭の中は年中お茶のことばかり。みのる君は沈黙するばかりだ。

| | コメント (0)

正月も終わる

 今年の正月もよく呑んだ。子供達から酒を頂戴するものだから、例年通り、元旦は朝から大いに呑む。穏やかな一日だった。これで良いのだろう。昨年同様、幼い孫も加わって家族で百人一首に興じたが、今年は孫が7枚も取った。たまたま偶然だが、それで十分に座が盛り上がる。これも我が家の正月風景。元旦くらいは家族が顔を揃える。みのる君の信条は子供達も心得たもので、朝には勢揃いして賑やかに雑煮を味わう。これで良いのだろう。翌日からは音沙汰も無くなる。

 世の中が益々不穏になってきた。自分の利益ばかりに腐心するリーダーが闊歩する。世界中から知性が姿を消してしまった感がある。SNSは落書きの類いと呆れるみのる君には興味ないツールだが、リーダー達は都合良く利用し呟いては、世間を扇動している。日本も同様。九州や大阪の元県知事がバラエティ番組で幅をきかせる。知事時代の支援者たちは元知事の愚行を見てどのように思うのだろう。やがて100年前の体制が訪れるのだろうか。孫の未来が気になってしまう。今年はどうなるのだろうか。まず批判せよ。親父殿の精神はみのる君の中で生きている。

 正月恒例の流星群は1つだけ見られた。例によって寝間着姿で庭先に出たものだから、長くは居られない。

| | コメント (0)

今年も無事に終わる

 一年が短く感じられる。アッと云う間に一年が過ぎてしまった感。考えてみれば、時の流れが短く感じられるのは至極当然か。例えば5歳の子供が感じる「一日」について、「一日」を「5歳×365日(閏年は無視)」で割った数値を「一日」とすれば、50歳の感じる「一日」は、「一日」÷「50歳×365日」であり、当然、5歳の1/10が「一日」となるから、早く感じられて当たり前なのだろう。歳を取る程に時間が無情に過ぎていくはずだ。

 一年間を振り返ってみると、相変わらず、走り回った印象ばかりだ。年間2万㌔はドライブを楽しんでいる。愛車の価値がどんどん下がっていくはずだ。

 娘も片付いて、今はカミサンと二人だけとなった。カミサンは今日もお仕事だ。家に居る時は趣味に没頭しているから、みのる君は一人で車を走らせてばかりだ。

 娘に結婚記念として写真集を作ってプレゼントした。息子の時と同様の装丁。良い記念になるかは不明だが、「記録」にはなるかと思う。ついでに、みのる君とカミサンとの結婚式の記録も作ってしまった。古い写真をスキャンして、フォトブックにまとめる。今と違って、写真自体も多くは無かったので、新婚旅行の記録も併せて一冊にまとめた。子供達と同じ装丁。みのる君らしい発想だが、カミサンは苦笑いしていた。馴れ初めも書いておいたから、子供達には親の一端も窺い知れて呆れるだろうけれど、今更だから諦めて貰うしか無い。

 今年もお付き合い下さいました皆様に感謝申し上げる。来年は一層「一日」が短くなるのでブログ更新もままならないが、懲りずにお付き合い頂ければ幸いです。それでは良いお年を。

| | コメント (0)

紅葉狩りの続きとお月様

 過日、カミサンと珍しく紅葉狩りに出向いたが、確かに色付いた紅葉は見応えがあって、その後、時々走り回って紅葉を楽しんだ。

Momiji1

Momiji2

 世間を賑わしたスーパームーンは、生憎の雨で拝めなかった。翌晩、外出先から戻って来たカミサンがお月様が見えるわよ、と教えてくれたので、カメラ持参で表に出てみた。手持ちで撮ってみたが、うまくいかなかった。素人はこんなものだろう。みのる君は自己満足。歳を取って来ると、何事も雑になる。

Supermoon161115

| | コメント (0)

より以前の記事一覧