旅行・地域

国会議事堂のカマキリ

 久し振りにカミサンと上京した。みのる君が学生時代からの友人、チャコちゃんが出展している二科展拝見が目的だったが、この際、国会図書館にも行ってみたいと云うカミサンの希望に沿って、チャコちゃんと別れた後、六本木の国立新美術館から永田町方面まで歩いた。徒歩を提案したのはみのる君だ。都心の散策も悪くない。運動にもなる。勿論、カミサンは即座に賛成する。歩いて小一時間程度。

 よりによっての晴天。残暑厳しいザンショ。歩きだして、すぐに後悔したが、今更諦める訳にはいかない。チャコちゃんの労をねぎらっての昼食でビールを呑んでしまった所為か、ちょっと方向を間違えてしまったようだ。事前に地図で確認していたが、大都会は迷うようになっているようだ。が、みのる君の土地勘は大したものだ。30分程余計にかかったが、ちゃんと目的地に辿り着いた。途中、懐かしい東京タワーも見られた。近くで見るのは何ン十年振りかな。

Tower

 首相官邸とおぼしき建物も見られた。テレビニュース等で拝見しているから、テレビでは見せてくれない建物の背後から眺めたが、何となく官邸らしいと分かる。

 国会議事堂も間近で見た。

Gijidou1

 議事堂の塀に沿って歩いていると、カミサンが銀杏を見付けた。鉄の塀の上にカマキリも見付けた。こちらの様子を窺っている。永田町周辺を警護する警察官みたい。

Gijidou2

 国会議事堂でカマキリを見付けると思ってもみなかった。近頃、何かと不穏な世情。カマキリ君も心配になって、国の将来を窺っているかのようだった。

 国会図書館は休館だった。みのる君は、あらかじめ休館を確認済だったが、カミサンは納得していなかった。実際、自分の目で休館を確認して納得したカミサンは、次はやっている時に来ましょう、と新たな目的を見付けたようだ。相変わらず、わがままなお人だ。

| | コメント (0)

前橋市周辺の史跡

 上州は大前田栄五郎の墓を訪ねた後、改めて周辺を調べてみると、興味深い事が分かった。赤城山東南面の大前田の親分の眠る近くにはいくつかお城があったようだ。戦国時代の上州は北条や上杉、武田の軍勢が勢力争いに明け暮れていた由。戦に敗れ廃城となってしまった城が点在していた。膳城、山上城、女渕城、大胡城、荻窪城等々。いずれもが親分の墓の周辺10キロ以内。

 しかも縄文時代の柳久保遺跡や旧石器時代の、かの岩宿遺跡も親分の墓からそれ程離れていない。周辺には古墳も多く点在している。つまり、上州の前橋東南部は古代から栄えていたようだ。旧石器時代から古墳時代まで地方豪族が幅を利かせていたのだろう。歴史教科書には上州の繁栄ぶりはあまり紹介されていなかった記憶がある。精々古墳が多いと云った程度の授業だった覚えがある。大前田の親分をきっかけに、暫しお城巡りに熱中したみのる君だが、縄文時代から古墳時代の上州の繁栄が歴史に埋もれてしまったのは何故だろうと云う疑念が生じた。

 一つの答えだが、伊香保温泉のある榛名山の噴火が大きかったか。5世紀後半に榛名山二ッ岳が大噴火したと云う。6世紀の二ッ岳大噴火の火砕流に巻き込まれた人骨が見つかっていると云う。前橋の西にそびえる上毛三山の一つ、榛名山の大噴火によって、大量の火山灰が前橋にも降り積もった。当然、日常生活を脅かす。食べる物が無い。作物が育たない。文化も育たない。駄目だこりゃ。これが、縄文時代から続いた集落が歴史に埋もれてしまった原因かも知れない。全てが灰に埋もれてしまったのだろう。灰燼に帰す。ずっと以前、みのる君が日本ファンタジーノベル大賞に応募したとブログで紹介したが<2008年2月>、実はこの小説はこの二ツ岳大噴火を物語の発端にしていた。あの時、もう少し噴火の悲劇にも言及していれば、大賞を手にしていたかも知れない。思い至らず無念。

Zen

Onabuti

Ogikubo

| | コメント (0)

大前田栄五郎の墓

 カミサンとドライブ中、農産物の直売所があって、ちょっと覗いてみましょうと云うカミサンに従って立ち寄った。上州は前橋の外れ、大前田と云う辺り。みのる君は「大前田」と云う地名に、思わずハッとした。もしかしたら、みのる君が幼い頃、東映映画に夢中になっていた時分、しばしば耳にしていたヤクザの親分、大前田の栄五郎ゆかりじゃないだろうか。カミサンに話してみると、キョトンとしている。

 数年前、山梨の県立博物館を訪ねた折、たまたま「山梨の自然と人」とか云うテーマの展示があって、そこにヤクザ映画にしばしば登場していた黒駒の勝蔵親分が紹介されており、その時もカミサンは同様にキョトンとしていたっけ。カミサンには全く興味の無い世界か。みのる君にとっては聞き慣れたお名前だ。

 早速、調べてみると、やはりお馴染みの大前田の栄五郎親分ゆかりの地だった。しかも、近くにお墓があるらしい。みのる君はカミサンの事は放っておいて探し回った。

 直売所からさほど遠くない、森の一角に件の墓があった。カメラを持参していなかったので、ケータイで記念撮影。

Eigorou

 前橋市の指定史跡となっている由。みのる君が映画に夢中だった頃が懐かしく蘇ったひと時だった。

| | コメント (0)

駆け足で九州縦断

 相変わらず無鉄砲なみのる君だ。九州縦断ドライブは正味60数時間で1300㌔弱を走り回った。同乗のカミサンは少し不満だったようだが、時間的にも資金的にも余り余裕の無い身には致し方無い。でも、みのる君は希望した所を訪ねられたので満足だった。

Kanmon1

 関門海峡を渡る頃は夜明け。下関側から記念撮影。

Hirado

 上の写真はオランダ商館付近から眺めた平戸城。午前10時頃撮影。大宰府の九州国立博物館や大宰府天満宮拝見は午後の3時前後。下の写真はその晩泊ったホテルから眺めた九州国立博物館の青い屋根と大宰府の森。

Dazaihu

 翌日は一気に南下。知覧の武家屋敷群や特攻平和会館を訪ね、開聞岳を拝見し、後日に震度5強の揺れがあった喜入の道の駅で休憩し、鹿児島に一泊。最終日は霧島を抜け、都城を走り、延岡のきたうらら海市場で買物等々。大分は別府湾SAで「恋人の聖地」なるモニュメントを見付けた。カミサンに、一緒に撮ろうと誘ったが、そんな歳じゃないわと一蹴されてしまった。

Beppuwan

 再び関門海峡に戻って来たのが19時過ぎ。カミサンが九州側から下関を記念に撮った。慌ただしい3日間だった。九州の高速道路は意外にトンネルが多い。そんな感想を持ったドライブだった。

Kanmon2

| | コメント (0)

念願の開聞岳遠望

 7月初め、台風3号が北九州に上陸した朝、みのる君とカミサンは鹿児島市内のホテルに泊まっていた。部屋から桜島を目の前で拝めるホテル。前日のチェックインの際、桜島の山頂付近は雲に隠されてはいたが、その雄大ぶりを堪能出来た。みのる君はご満悦だったが、翌朝はすっかり霧の彼方。途端に意気は消沈する。何も見えないのも一興と残念がっていた。テレビのニュースでは台風3号の九州上陸予測を伝えていた。これゃ、ちと危ないね。みのる君達は若干予定を変更、台風が九州を横断した後に我々が縦断すると云う計画に変えた。当初計画では朝早くにチェックアウトして一気に帰路に就くはずだったが、今回はのんびり帰ろう。カミサンに異存は無い。鹿児島市内のデパートで買物でもしましょう。薩摩焼も見たいし、買いたいし。カミサンはご満悦だった。

 デパートが開く頃合にホテルを離れ、市内へ向かう。朝の通勤時間帯も過ぎており、大きな渋滞は無し。駐車場に車を預けて山形屋と云うデパートでショッピング。お土産探しとは云え、みのる君がデパートで買物は珍しかった。カミサンもお土産と薩摩焼探しに夢中になっていた。生憎、お手頃、お気に入りの薩摩焼は見付からなかったようだ。近くのお店にも立ち寄ってみたが、やはり、お手頃価格は無い。心残りだったようだが、そろそろ帰らなければ。

 半日遅れで鹿児島を離れた。来る時は熊本経由の九州自動車道を利用、帰路は宮崎経由、東九州自動車道を利用。お蔭で九州7県全て通った形となった。

 実は、みのる君が自分の車で走った事の無い県は、北海道と沖縄を除くと長崎と鹿児島の2県を残すだけだった。一度は自らの運転で走ってみたい。今回のドライブはそんなみのる君の積年の望みを叶えるためだった。鹿児島に泊った前日は長崎を訪ねていた。一日遅れていたら台風と遭遇していたのだろう。

 昨年も計画していたが、ホテルを予約する寸前に熊本で大きな地震があって計画を断念した経緯がある。今回は九州を離れた翌日に九州が大雨に見舞われた。みのる君は運が良かったのだろう。被害にあわれた方々にはお見舞い申し上げる。九州を離れ、中国道経由で関東地方に向かったが、島根県を通過中、島根の大雨に遭遇、夜中の中国道で少々大変な目に遭ったが、深夜故に交通量も少なく、眠気防止にもなって、何とか大雨の中を走り抜けた。通過した直後に通行止になった場所もあったようだ。やはり、運が良かったか。

 みのる君の念願の一つは九州南端の開聞岳を見てみたい。関東地方から九州縦断ドライブ、走行距離は3800㌔を超える壮大で無鉄砲なドライブ計画。一度は開聞岳の雄姿を見たい。たったこれだけの希望で臨んだドライブだったが、その念願は叶った。鹿児島に泊る日、九州自動車道は時折雨にも見舞われ、雄姿拝見に不安はあったが、みのる君の長年の希望は叶った。知覧に立ち寄った後、ひたすら南下、せびら自然公園とか云う辺りで、雄大な開聞岳を拝む事が出来た。みのる君は大喜びだった。勿論、カミサンと記念撮影。開聞岳はその姿をたっぷりと見せてくれた。十分に満喫したドライブだった。

Kaimonn

| | コメント (0)

神流のこいのぼり

 子供達が幼い頃、群馬の山奥にある鍾乳洞へ行った事がある。その途中、確か万場辺りだったか、五月の連休時分、神流川に沿って車を走らせていると、川の両岸にロープを張って元気な鯉のぼりが泳いでいるのを見た覚えがある。子供達がそれを見付けて大はしゃぎだった。

 過日、道の駅でこいのぼりを見付けたみのる君は、この昔の思い出を思い出して、暇な一日、万場方面まで遠出してみた。

 記憶は間違えていなかった。神流町(万場は合併して町名が変わってしまったようだ)役場辺りで壮大なこいのぼりを見付けた。さすがに勢いがあった。一応、記念に一枚撮影。子供達も思い出すだろう。

Koinobori_manba

| | コメント (0)

こいのぼり

 週末、山あいの桜でも見ようかとあっちこっち走り回った。みのる君宅の貧相な桜はすっかり緑となってしまっている。少々高い場所へ行けば、もう少し桜を楽しめるかな。などと考えて群馬の山あいをのんびりと走ってみた。確かに、まだまだ高い所は桜を楽しめた。

 中之条から少し北へ向かった辺り、道の駅でトイレでも借りようと立ち寄ったが、驚いたね、道の駅の頭上をいくつものコイが泳いでいた。「霊山たけやま」と云う道の駅だ。思わず見上げてしまう。カメラを持っていなかったので、ガラケーで1枚撮影。自宅に戻って、お茶事で忙しいカミサンに見せると、あら、素敵じゃない、と感心していた。嵩山とか云う山のてっぺんからロープを張って飾っているようだ。大胆で奇想天外なこいのぼりだ。

Koinobori

| | コメント (0)

思わぬ所に静御前墓

 仕事等でも時々走る埼玉県久喜市栗橋付近だが、週末、近くを車で走った際、何気なくナビの名所旧跡情報を見ると栗橋駅前に「静御前の墓」があると云う。こんな所に義経ゆかりがあるとは思ってもみなかったので、念の為にその場所を訪ねた。静御前が鶴岡八幡宮で義経を慕って「しづやしづ…」と歌い、舞ったと云うエピソードは承知していたが、埼玉には無縁だと思っていた。知らないと云う事は怖いものだ。車を止めるスペースが見当たらなかったので、道端に車を寄せて、慌てて写真を一枚撮った。一応、見たぞ、と云う記念。思わぬ所に思わぬモノはあるものだ。
Sidukagozen

 近頃、新聞やテレビで小学校建設を巡って某理事長の疑惑報道が賑わっている。証人喚問までして国会で真偽を問い詰めているが、なかなか埒が明かないようだ。その小学校の募集要領には承諾もしていない推薦枠の記載や総理大臣名を冠した学校名、名誉校長名等の無断借用があって、それを指摘されると慌てて訂正していたと云う経緯を踏まえれば、寄付金云々を追及しても埒が明くはずがない。某理事長は一度でも名刺交換すれば昵懇と捉える人物のようだから、それを踏まえれば、いくら問い質しても答えは同じだろうに。初めから忖度を期待した某理事長の戦略に振り回されている。建設費用の偽証に絞って追及した方が余程良い。街角で有名タレントに道を聞かれ、親切に教えてやれば、それを自慢するのが人間の心理だろう。今日、あいつが俺に訊ねたぜ、あいつは方向音痴だぜ等々尾ひれが付くのは当たり前だ。自分は間違った事は云っていない。自慢話の何が悪い。某理事長はそう云う人物なのだろう。憲法が否定した教育勅語を幼児に教えたり、客観的な視点を持たない人物は、教育に携わる人物としては不適格だろう。その一点を声高に訴えた方が野党の存在感が増すだろうに。テロ等準備罪が審議されそうだ。SNSで誰かを非難し、みんなで懲らしめよう等と煽って計画を明示すると罪に問われるようになるかも知れない。益々きな臭い時代になってきた。

| | コメント (0)

思わぬ所に梅見茶会

 過日、カミサンと連れ立って群馬県にある箕輪城跡を見学したが、その際、近くにある箕郷梅林近くも走った。梅でも見るかい。みのる君が誘ったが、その時は興味なさそうだった。帰りましょうと促すばかりだったが、後日になって、唐突に箕郷の梅林を見に行きましょうと云い出した。一週間も経たぬ内に心変わりしたらしい。やむなく、この前の日曜日、用事を済ませた後、再び群馬県は榛名山の麓まで車を走らせた。梅も見頃ね。カミサンは妙に嬉しそうだ。

 箕郷梅林は「天空の梅祭り」真っ最中だった。駐車場に車を預け、さて、付近を散策しようと思っていると、カミサンはいそいそと駐車場の係員の所まで行って、何やら尋ねている。みのる君の事は眼中にない。係員が会場案内図をカミサンに渡して、カミサンの質問に答えている。やっとカミサンに追い付くと、何やら場所を聞き出している様子。どうしたの。みのる君がカミサンに質問すると、やっぱり、お茶会をやっているわ。今、係の方に茶会の会場を教えて貰ったの。聞けば、起伏のある山道を20分程度歩くらしい。会場は車を止めた梅公園ではなく、少し離れた善地広場と云う会場らしい。20分も歩くのか。みのる君は勿論たじろぐが、カミサンも係員も一向に気にならないらしい。天気も良いし、散策には手頃な距離よ。係員も20分程度で行けるから大丈夫でしょう、と太鼓判まで押す始末。仕方ないな。サンダル履きにはちと酷だぜ。一応、みのる君は不承知を述べたが、カミサンは聞く耳を持っていない。さあ、出発よ。係員は笑顔で我々を見送ってくれた。

 何でも、箕輪城跡見学後のある日、みのる君が箕郷梅林で茶会をやっているらしいとテレビか何かで仕入れた情報をカミサンに伝えていたらしい。みのる君はすっかり忘れていたが、カミサンはしっかり覚えていたようだ。梅林で茶会も悪くはない。そう思ったのだろう、だから、興味を示さなかった梅林へ行きたいと云い出したようだ。梅林で梅を見ながら抹茶を味わうなんて、思ってもみなかった。20分程、今は盛りの梅林を歩く。今回は他の用事が主だったので、カメラを用意していなかった。折角の梅も絵にならない。カミサンは梅の香りをかいでご機嫌だった。

 梅見茶会は梅林の一角に長椅子が置いてあって、客は梅の景色と香りを楽しみながら、目の前で点ててくれたお茶を味わう趣向。一人500円。支払いはみのる君が担当。支払いを済ませると伐採した梅の幹の平たく切ったモノを渡してくれた。お持ち帰りになって、コースター代わりにどうぞ。記念にはなるか。カミサンは茶を点てる亭主と茶談義。道具は梅にまつわる道真公に因んだ品々の由。みのる君はほとんど無口。はるか彼方に市街地が見える。確かにこんな場所での抹茶も一興かも知れない。カミサンは満足そうに茶を味わっていた。

 うっかり、仕入れた情報を開示するものではない。そんな教訓を得た一日だった。

| | コメント (0)

思わぬ所に芭蕉句碑

 カミサンと群馬県の榛名山近く、日本の100名城の一つに指定されている箕輪城跡を訪ねた。

 生憎の曇天、時折小雨の降る中、はるばるやって来た城跡だが、「跡」ゆえにほとんど何も無い。名城と云うから、てっきり大きな門とか天守閣とか、何かしら遺構、遺跡が残っているのだろうと思ったが、ほとんど何も無い。最近復元されたと云う「郭馬出西虎口門」が目を引く程度だった。

 しばし本丸跡等を散策していると、御前曲輪近くで思わぬ句碑を見付けた。松尾芭蕉の「夏草や…」だ。妙な所で、妙なモノを見付けたものだ。安田一雨と云う江戸時代後期の俳人が建てたようだ。成程、すでに当時から芭蕉の名声は上州の片田舎まで伝わっていたらしい。奥の細道を読み、戦国時代の箕輪城の数奇の運命を重ねて偲んだのだろう。人の噂話や陰口、罵詈雑言にデマの飛び交うSNSみたいな低レベルの文化とはまるで質の違う当時の文化風土に感心した一日だった。

Kuhi

| | コメント (0)

より以前の記事一覧