文化・芸術

平家物語の大地震

 平家物語巻十二に大地震のことが書かれている。以下、岩波書店刊「日本古典文学大系」より一部抜粋してご紹介(一部分かりやすく表記)。

 平家みな滅びはてて、西国もしづまりぬ。国は国司に従い、庄は領家のままなり。上下安堵しておぼえし程に、同七月九日の午刻(むまのこく)ばかりに、大地おびただしく動いてやや久し。

 これが、元暦2年(1185年)の大地震のこと。

 方丈記には、「おびただしく大地震振ること侍りき」とあり、以下、「そのさま世の常ならず。山は崩れて河を埋み、海はかたぶきて陸地を浸せり。土裂けて水湧き出で、巌割れて谷にまろび入る。なぎさ漕ぐ船は波に漂い、道行く馬は足の立ち処を惑わす。」となるが、平家物語ではより具体的に被害状況を述べている。

 赤県(せきけん:都に近いところ)のうち、白河(白川。京都市左京区)のほとり、六勝寺皆やぶれくづる。九重の塔(法勝寺にあった九重塔)も上六重ふりおとす。得長壽院も三十三間の御堂を十七間までふり倒す。皇居をはじめて人々の家々、すべて在々所々の神社仏閣、あやしの民屋、さながらやぶれくづる。くづるる音はいかづちのごとく、あがる塵は煙のごとし。天暗うして日の光も見えず。老少ともに魂をけし、朝衆(朝廷に仕える人々や民衆)悉く心をつくす。また遠国近国もかくのごとし。

 方丈記では、「都のほとりには、所々堂舎・塔廟一つとして全からず。或いは崩れ、或いは倒れぬ。塵・灰立ち上りて、盛りなる煙の如し。地の動き家の破るる音、雷に異ならず。」となっている。

 続いて、平家物語では、

 大地さけて水わきいで、磐石われて谷へまろぶ。山くづれて河をうづみ、海ただよひて浜をひたす。汀(なぎさ)こぐ船はなみにゆられ、陸ゆく駒は足のたてどをうしなへり。洪水みなぎり来たらば岳にのぼってもなどかたすからざらむ。猛火もえ来たらば、河をへだててもしばしもさんぬべし。ただかなしかりけるは大地震なり。鳥にあらざれば空をもかけりがたく、龍にあらざれば雲にも又のぼりがたし。

 方丈記は、「走り出づれば、地破れ裂く。翼無ければ空をも飛ぶべからず。龍ならばや雲にも乗らむ。恐れのなかに恐るべかりければ、只地震なりけりとこそ覚え侍りしか。」と書いている。

 平家物語では、そのあと、「四大種の中に水火風は常に害をなせども、大地にをいてはことなる変をなさず」とあり、方丈記とほとんど同じ表現(すなわち、「四大種のなかに水・火・風は常に害をなせど、大地にいたりては殊なる変をなさず。」)になっている。

 成立年代は方丈記の方が古いらしいから、平家物語の作者が引用したのだろうが、当時にあって、この元暦大地震のインパクトは相当なものだったのだろうと窺える。東日本大震災で発生した津波のもの凄さを知っただけに、記述の臨場感が十分に伝わってくる。昔も今も、怖いのは地震ばかりだ。

| | コメント (0)

改めて方丈記の地震記事

 以前、鴨長明の「方丈記」にある地震の記事(元暦2年~1185年~7月)の大地震)について触れたが(08年5月)、改めて読み直してみた。前回紹介した文章のあとには、「四大種のなかに水・火・風は常に害をなせど、大地にいたりては殊なる変をなさず。昔、斉衝の頃とか、大地震振りて、東大寺の仏のみぐし(頭)落ちなど、いみじき事どもはべりけれど、なをこのたびは及(し)かずとぞ。」(岩波書店刊「新日本古典文学体系より。原文カタカナ)と続く。

 文徳天皇の斉衝2年(855年)5月の大地震で東大寺大仏の頭が落ちてしまったことに言及している。

 1185年の元暦地震の翌年、かの西行が、平重衝の南都焼打ちで焼失した東大寺再興に奔走する重源上人の依頼で陸奥へ旅立っている。「年たけてまた越ゆべしとおもひきや命なりけり小夜の中山」と詠んだ頃。

 西行が東大寺再興に一肌脱ぐため旅に出た後、鴨長明は西行が住んでいた伊勢の地を訪ね、西行庵へも足を運んでいたそうだ。長明が何故西行庵を訪ねたのか不明だが、方丈記に昔の大地震で東大寺大仏の頭が落ちた事をあえて書いているのは、西行の行動に何かしら興味があった所為かも知れない。

 西行の和歌には地震に関するものがない。仮に伊勢に住んでいた西行が都の惨状を歌に詠んでいたら、芭蕉も延宝地震の凄さを口にしていたかも知れない。

 なお、平家物語にも方丈記と似たような記述がある(平家物語巻12)。よく云えば換骨奪胎。ないしはパクリ。ないしは元暦地震の恐ろしさが口伝なり風聞として人口に膾炙されていたか。

| | コメント (0)

漱石の墓参り

 同窓会の翌日、学生時代に漱石を研究していた同人誌の主幹が、漱石の墓参りに行こうと云い出した。即座に反応したのが、みのる君のカミサン。是非、行きましょうと強引にみのる君を誘う。他の連中も異議を申し立てず、どうせ暇だし、この際、昔住み慣れたアパート周辺も訪ねてみたいし、アキバのメイド喫茶にも行ってみようなんて云い出す始末で、さすがにそこまでお付き合いは出来ないが、カミサンの希望もあるから、しぶしぶ雑司が谷霊園まではご一緒する事にした。

 雑司が谷霊園には夏目漱石の墓の他に小泉八雲の墓もあった。訪ねてみて、初めて知った次第。最近、新潟の池田記念美術館で八雲と漱石の因縁を知ったばかり、まさか雑司が谷霊園にこの因縁の二人が眠っているとは思わなかった。霊園前の花屋で花を調達し、一応墓参を済ませた。ついでに、漱石の親友だった中村是公の墓も拝見。

 是公と云えば、満州鉄道の総裁や東京市長を歴任したお方。漱石を中国旅行に誘っており、漱石は帰国後に「帰り見れば蕎麦まだ白き稲みのる」なんて俳句を作っている。その親友も雑司が谷に眠っているとは思わなかった。

 又いつか同窓会を開こう。その時までお互い無事で。池袋駅で同人等と再会を約して解散。連中は上京土産と云いつつアキバへと向った。

| | コメント (0)

銭をひろうた

 岩千代とて、十四五にて、うつけたる子あり。門よりはせ来たり、「かかよ、かかよ、銭(ぜに)をひろうた」といふ。母が「ようひろうた。その銭はどこにあるぞ」。「いや、ひろひごとはひろうたが、また落(おと)いたは」。

 醒睡笑に出てくるお話。子供がお金を拾ったと報告すると、母親が「でかした」と喜ぶあたり、何となく世情と本音が窺える。今も同じ感覚。面白いね。

| | コメント (0)

つれづれ草の和え物

 引き続き、角川文庫の醒睡笑からお一つ。

 ちと仮名をもよむ人のいひけるは、「この程つれづれ草を再々見てあそぶが、おもしろう候よ」とありしかば、その座にゐたる者のさしいで、「かまへて口あたりよしと思うて、おほく御まゐるな。つれづれ草のあへ物も、過ぐれば毒ぢやと聞いたに」。

 「再々」は「しばしば」と云う意味。座の話題で、兼好の「つれづれ草」を読んでいると話すと、食べ過ぎると毒だ、なんて訳知り顔で意見する者がいる。今でも、こんな光景に出会うね。みのる君も気を付けなければ。

| | コメント (0)

醒睡笑からお一つ

 角川文庫の「醒睡笑」から。

 「昨日は一日、妙円寺といふ寺にあそびつるは」とかたる。「つひに聞かぬ寺や。妙は妙法の妙にてあらうず。ゑんは」。「ぬれゑんぢや」。「いやとよ。書きやうは」。「蕨縄のまはし垣」。「ここな人は、字のことを問ふに」といへば、「地は砂地ぢや」と。

 あまり聞かない寺の名前なので、どんな字を書く寺なのか聞くと、チンプンカンプンの答え。今も通じるお話。人間様の知恵なんて、昔から大して変わっていない。

| | コメント (0)

声を出して読む

 声を出して文章を読む。読んでみて、すっきり頭に納まれば良し。途中でつっかえて読めなくなってしまえば、それは文章と云えない。近頃ケータイに飛び交うビジュアル系、絵文字やらカッコ付きやら記号に溢れた文を解読無しで読もうとしても、きっとストレートに読み通せないかと思う。だから、文とは云えない。

 ひと頃評判を呼んだ齋藤孝氏の「声に出して読みたい日本語」では無いが、とにかく声を出して読んでみる。普通に読めれば文章。読めなければ単なる文字の集合。音読すれば、きっと、文章の味も作者の意図も分かってくるに違いない。とにかく声に出してみる。大事だと思うね。

 漢字は表意文字と云う。云ってみれば昔のビジュアル系だ。そこに表音文字の平仮名が加わって、日本語の「文章」が成立したと考えれば、視覚イメージを単純に否定する訳にもいかない。時の経過が文化を築くのであれば、やがて絵文字も文化となり得る。声を出して読めれば文章と云う定義は反古となってしまうか。出来ればずっと保護したいと思うけれど…。

| | コメント (0)

手軽な手紙の書き方

 最も手軽で重宝な手紙の書き方は、決められた規則に従う事。決まったルールに沿って書けば大体問題はない。規則やらマナーと云うと難しそうだが、慣れてしまえば一番便利。それに、決して難しくもない。

 まず、「拝啓」と書く。次は、時候の挨拶なんか面倒だから、「時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます」と書く。何となく形式張っているが、これはどんな相手にも通用するし、ニュアンス的には時候も含まれているから一番無難な書き出し。元気で頑張っているかい。こんな感じだと思えば良し。ついでに日頃のご無沙汰を素直に詫びるのも良い。

 次は行を変えて、いよいよ用件を切り出す。ここは相手に伝えたい事を簡潔に書けば良い。「さて、」と切り出して具体的な内容をさらりと書く。例えば、「さて、かねて懸案の懇親会の日程が決まりましたので、お知らせ致します」と書けば、呑み会の事。「さて、当方手元不如意に付きご支援を賜りたくお願い申し上げます」と親元に借金を申し込むのも良し。

 又、少々くだけた書き方でもOK。前文でしっかり相手を丸め込んだから、読み手は多少の落差なんか頓着しない。「さて、難しい言い方は舌を噛みそうなので、ここら辺でやめて、今度会いたいねというのが本題です」なんて書いても、相手は微笑むばかり。

 締めは「貴台の益々のご活躍をご祈念申し上げます。敬具」でお仕舞い。余計な装飾不要。「お近くにお越しの節は是非お立ち寄り下さい」なんて書いておくと、親近感が増すだろうな。この一文で実直に反応してやって来る御仁なんて滅多にいやしないから、安心して書いて大丈夫(と思う)。

 とにかく、畏まったような文章が一番楽な手紙の書き方だね。貰う方も安心して読み飛ばしてくれると思う。

 みのる君は仕事上の行きがかりで、こうした無難な手紙を無数書いてきた。依頼状から会合通知、督促やら近況報告、詫び状から内容証明付きまで種々雑多に対応して来たが、やはり「マナー」と称される書き方が最も間違いない方法と心得ている。あまり考える必要が無いと云う点が宜しい。但し、マナーを尊重しなければならない時もある。目上、年寄り、堅物やお付き合いの浅い人には形式通りが無難だし、大切。巷間にあまた文例集が出回っているが、あんなものは気にする事は無い。気持ちが伝われば十分、だろうね。

| | コメント (0)

書くことの意味

 そもそも言葉は意思を伝える為にある。だから、その言葉を文字にした文章は相手の存在を意識し、何かを伝達したいが為に書いているはずだ。

 日記は他人に見せるものでない、と云う理由で思いつくままを書くこともあろう。しかし、恐らく、きっと「誰かさん」と云う対象なくしては書いていないだろうと思う。自分だけの日記と云うならば、他人には分からない表現方法を工夫しているはずだ。略号なり記号を使って他人様に見られても判読困難な状態を作っておく。みのる君が昔の備忘録では「P↑6」とかの符牒を使っていた。5年経っても、10年過ぎても本人はこれで十分に分かる。当然、文章になっていない。「誰かさん」に意思を伝える必要が無いから、あえて文字を使わなくても用は足りる。

 メモも同じ。カミサンなんか自分でも読めなくなるような無茶苦茶な文字でメモを残している。とりあえず本人の注意を喚起すれば目的を果たす。タグと同じ。

 だが、文章はメモとは違う。何かしらの意思を持って作る。つまり、自分の気持ちなりを相手に伝えたい。

 ケータイの普及で伝達手段にビジュアルが取り込まれているが、これは記号に過ぎない。更にお互いがその意味を承知していれば通用する記号。その延長線で文章を作っても、何処かイメージに頼った表現になってしまう。カッコ書きで「(笑)」とかも同じ(この辺は以前にも書いたな)。仲間内や限定された範囲内では十分に通じるだろうから、記号も無下に否定するつもりは無い。が、一応主語、述語を備えた文であれば、せめて誰にでも分かるような配慮がほしいと思う。

 ちなみに、「P↑6」はパチンコの勝ち負けを意味する。「↑」は勝ち、「↓」であれば負け。数値は金額。他愛無いメモだ。

| | コメント (0)

文章の長短

 文章は何でも長ければ良いと云う訳では無いし、短ければ名文になるとは限らない。長文では、時に主語と述語が一致しなくなってしまう場合がある。書いている本人は夢中だから案外不一致に気が付かなくなり、読まされる方は途中から主語を忘れてしまい、結語に至っても、別におかしく感じない、内容は十分理解出来るし、意味が通ればOK、そのまま読み飛ばして次の文に目が行ってしまう例も散見されるから、書き手としては気を付けないといけない。

 片や短文は少ない文字数で表現を試みる。だから、うっかりすると独り善がりになってしまったり、表現不足が誤解を招いてしまう場合も出てくる。メールのやり取りが喧嘩の元、なんて事例は舌足らずの文章と読解力不足、表現の配慮不足が原因と云う事が多い。

 そもそも文章は意思伝達、コミュニケーション手段だから、相手に意思を伝えられれば良し。

 「おい、メシ」で空腹感を伝え、同時に食事の準備を促し、かつ指示する立場を強調する重宝な言い回しが頻繁に使われるが、これなんか名文の類いかも知れない。

 十七文字で森羅万象を表現しようとする俳句は短文芸術だが、逸脱すると商品の宣伝文句に堕してしまう。

 一筆啓上火の用心お仙泣かすな馬肥せ。手紙文の好例と膾炙されているが、それ以上にはなり得ない。

 いかにコミュニケーションを図るか。意思伝達の為に長短いずれを採用するか。常に書き手を悩ませてくれる。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧