« ますます不穏 | トップページ | 11周年 »

県立ぐんま天文台

 ずっと以前、部活で忙しい息子を家に残し、カミサンと娘と連れ立ってぐんま天文台を訪ねたことがあった。確か五月連休の頃だったかな。大分古い話ですっかり忘れていたが、過日、カミサンがお茶の稽古でお忙しい中、群馬の山の中を時間潰しに走り回っている時、ぐんま天文台の看板を見付けた。久し振りだな。ちょっと立ち寄ってみよう。みのる君は懐かしさも手伝って、天文台を目指した。

 すっかり忘れていたが、天文台は駐車場からきつい山道を上らないと辿り着かない。昔もそうだったかな。汗をかいた記憶はなかったが、多分、その頃のみのる君は今よりずっと頑丈だったのだろう。記憶にも残らないようなありふれた坂道、階段道だったのだろう。今回も不平はあるものの、汗をかくものの、大股でずんずんと上った。熊よけの鈴も用意してあるらしい。一人で歩くには、ちょっと不安だった。およそ15分の上り道。結構な高低差だった。駐車場には、歩行困難な方は車で送迎するのでご連絡下さい、と丁寧な案内板があったが、まさか送迎をお願いする訳にはいかない。運動不足ながら足腰には自信がある。

Gunmatenmondai

 やっとの思いで天文台に到着すると、何となく見覚えのある景色が眼前に広がっていた。遠くには草津白根山らしい山容も拝める。カメラを持参すれば良かった。ガラケーで登頂記念を一枚撮った。天文台手前の妙な三角形の構造物は18世紀のインドで建設された天体観測施設(ジャンタル・マンタル)の復元らしい。三角形の頂点の先には北極星が見られるようだ。成程。今は青空のもと、北極星は見えやしない。

 本館の展示フロアには星夜写真ではお馴染みの藤井旭氏のダイナミックな写真も飾られている。国内最大級の150cm反射望遠鏡の説明会もあって、数名のお年寄りに交じって仕組みなどを拝聴できた。上って来た甲斐もあったか。宇宙食の見本も販売しており、一応、購入。後日、子供達を呼んで自慢話をしながら一緒に食したいと思う。

|

« ますます不穏 | トップページ | 11周年 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ますます不穏 | トップページ | 11周年 »