« 思わぬ所に梅見茶会 | トップページ | 桜とこいのぼり »

思わぬ所に静御前墓

 仕事等でも時々走る埼玉県久喜市栗橋付近だが、週末、近くを車で走った際、何気なくナビの名所旧跡情報を見ると栗橋駅前に「静御前の墓」があると云う。こんな所に義経ゆかりがあるとは思ってもみなかったので、念の為にその場所を訪ねた。静御前が鶴岡八幡宮で義経を慕って「しづやしづ…」と歌い、舞ったと云うエピソードは承知していたが、埼玉には無縁だと思っていた。知らないと云う事は怖いものだ。車を止めるスペースが見当たらなかったので、道端に車を寄せて、慌てて写真を一枚撮った。一応、見たぞ、と云う記念。思わぬ所に思わぬモノはあるものだ。
Sidukagozen

 近頃、新聞やテレビで小学校建設を巡って某理事長の疑惑報道が賑わっている。証人喚問までして国会で真偽を問い詰めているが、なかなか埒が明かないようだ。その小学校の募集要領には承諾もしていない推薦枠の記載や総理大臣名を冠した学校名、名誉校長名等の無断借用があって、それを指摘されると慌てて訂正していたと云う経緯を踏まえれば、寄付金云々を追及しても埒が明くはずがない。某理事長は一度でも名刺交換すれば昵懇と捉える人物のようだから、それを踏まえれば、いくら問い質しても答えは同じだろうに。初めから忖度を期待した某理事長の戦略に振り回されている。建設費用の偽証に絞って追及した方が余程良い。街角で有名タレントに道を聞かれ、親切に教えてやれば、それを自慢するのが人間の心理だろう。今日、あいつが俺に訊ねたぜ、あいつは方向音痴だぜ等々尾ひれが付くのは当たり前だ。自分は間違った事は云っていない。自慢話の何が悪い。某理事長はそう云う人物なのだろう。憲法が否定した教育勅語を幼児に教えたり、客観的な視点を持たない人物は、教育に携わる人物としては不適格だろう。その一点を声高に訴えた方が野党の存在感が増すだろうに。テロ等準備罪が審議されそうだ。SNSで誰かを非難し、みんなで懲らしめよう等と煽って計画を明示すると罪に問われるようになるかも知れない。益々きな臭い時代になってきた。

|

« 思わぬ所に梅見茶会 | トップページ | 桜とこいのぼり »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思わぬ所に梅見茶会 | トップページ | 桜とこいのぼり »