« 堂平観測所かな | トップページ | 思わぬ所に芭蕉句碑 »

天文ガイド購読も終わる

 昨年末、「天文ガイド」の購読をやめた。ちょうど丸50年、半世紀の節目。

 1967年1月号から買い始めて2016年12月号まで、購読は単純計算でも実に600冊に及ぶ。臨時増刊号も欠かさず買っていたので、きっと、はるかに600冊を超えているだろう。手放した覚えが無いので、多分本棚の隅っこに全冊が残っているはずだが、何度かの転居もあって、紛失した号数もあるかも知れないが、さすがに調べてみる程の元気はない。これだけの期間一つの月刊雑誌を読み続けた根性は大したものだと思う。

 最初の頃は天文分野の知識習得や星空観望に夢中で、安物の工作キットを買って屈折望遠鏡を自作、あまりの杜撰な工作キットにガッカリした覚えがある。生まれて初めてローンを組んだのが双眼鏡購入だった。写真の現像にも意欲を示してカメラ店の主からご教示を賜り種々の天体ショーをカメラに収めて現像を楽しんだり、パソコンが世に出回った頃にはすぐに購入しプログラミングを覚えて彗星の予報位置を割り出し、計算通りの位置に彗星を見付けては小躍りしたり。安価な反射望遠鏡を買って後悔したこともあった。早起きは一向に苦にならないし、夜中のドライブが好きなのも星空観望で鍛えられたからだろう。

 同人誌発行に取り組む文学青年でドラムを叩き、ギターを弾き語る音楽青年でもあり、天文好きの理系青年と云う隠れた趣味の持ち主だったみのる君の思考回路は、元を糺せば、「天文ガイド」の購読が出発点だった。高校生時分、何気なく本屋で手に取った「天文ガイド」がみのる君の思考回路に多大な影響を与えてくれたが、そろそろ区切りの時分。我が家の階段の踊り場には2013年8月号の付録の「メシエ天体カタログ」が飾ってある。宇宙は広いな。この感想をもって、ついに購読をやめてしまった。天文年鑑だけは、念のために買い続けている。未練なのだろう。「天文ガイド」の益々のご発展を祈りつつ、みのる君の人生に多くの感銘を与えてくれた御誌に感謝申し上げる次第だ。

|

« 堂平観測所かな | トップページ | 思わぬ所に芭蕉句碑 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

長いこと続いたんですね。
宇宙の様に、天文ガイドも成長し続けてくれると良いですね。
お疲れ様でした。

コメントを有難うございます。お久し振りですね。確かに長いこと続きました。多分、凝り性の面も影響しているのでしょう。が、そろそろ仕舞いの頃合です。これからも宜しく。(稲)

投稿: 元木 | 2017年3月16日 (木) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 堂平観測所かな | トップページ | 思わぬ所に芭蕉句碑 »