« 六義園にて | トップページ | 正月も終わる »

今年も無事に終わる

 一年が短く感じられる。アッと云う間に一年が過ぎてしまった感。考えてみれば、時の流れが短く感じられるのは至極当然か。例えば5歳の子供が感じる「一日」について、「一日」を「5歳×365日(閏年は無視)」で割った数値を「一日」とすれば、50歳の感じる「一日」は、「一日」÷「50歳×365日」であり、当然、5歳の1/10が「一日」となるから、早く感じられて当たり前なのだろう。歳を取る程に時間が無情に過ぎていくはずだ。

 一年間を振り返ってみると、相変わらず、走り回った印象ばかりだ。年間2万㌔はドライブを楽しんでいる。愛車の価値がどんどん下がっていくはずだ。

 娘も片付いて、今はカミサンと二人だけとなった。カミサンは今日もお仕事だ。家に居る時は趣味に没頭しているから、みのる君は一人で車を走らせてばかりだ。

 娘に結婚記念として写真集を作ってプレゼントした。息子の時と同様の装丁。良い記念になるかは不明だが、「記録」にはなるかと思う。ついでに、みのる君とカミサンとの結婚式の記録も作ってしまった。古い写真をスキャンして、フォトブックにまとめる。今と違って、写真自体も多くは無かったので、新婚旅行の記録も併せて一冊にまとめた。子供達と同じ装丁。みのる君らしい発想だが、カミサンは苦笑いしていた。馴れ初めも書いておいたから、子供達には親の一端も窺い知れて呆れるだろうけれど、今更だから諦めて貰うしか無い。

 今年もお付き合い下さいました皆様に感謝申し上げる。来年は一層「一日」が短くなるのでブログ更新もままならないが、懲りずにお付き合い頂ければ幸いです。それでは良いお年を。

|

« 六義園にて | トップページ | 正月も終わる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 六義園にて | トップページ | 正月も終わる »