« 須磨明石訪問 | トップページ | 姫路城も見学 »

蛸壺やはかなき夢を夏の月

 明石の柿本神社にも芭蕉句碑があるらしい。みのる君ご一行は須磨寺の次に明石を目指した。

 明石は日本標準時の子午線が通っている。東経135度。みのる君は子供時分から一度は135度線に立ってみたいと願っていた。芭蕉句碑巡りの締めくくりが子午線に縁のある町とは、なかなか乙なものだ。柿本神社自体が子午線上にある。日本標準時は柿本神社を基点とする。面白い。論文の一つでも書けそうだ。

 Suma4

 芭蕉句碑(読みづらいが、蛸壺やはかなき夢を夏の月)は日本標準時子午線標示柱のすぐ近くにあった。東経135度の線上に「はかなき夢」を持ってくるなんてお洒落な句碑だ。

 句碑の背後は明石市立天文科学館だ。ちょっと寄ってみたいと云う気持ちもあったが、やはり深夜の移動が祟ったか、いささかぼんやりして忘れてしまった。

 柿本神社には柿本人麻呂の「あしびきの山鳥の尾のしだり尾の長々し夜をひとりかも寝む」の歌碑もあった。日本標準時を定める位置で「長々し夜をひとりかも寝む」。何となく意味深長かな。

|

« 須磨明石訪問 | トップページ | 姫路城も見学 »

芭蕉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 須磨明石訪問 | トップページ | 姫路城も見学 »