« 月食2態 | トップページ | 隙間っ風対策 »

とんだ正月

 年末から正月準備に追われていたカミサンが、元旦早々38度5分の熱を出してダウンしてしまった。我が家はじまって以来の珍事。

 気合を入れて用意したおせちも雑煮も味わえずに寝込んでしまった。残された家族が家事代行と云う事態になり、正月気分は霧消。みのる君は、この日のために大事に残しておいた「越乃寒梅」や「八海山」、「緑川」、「越後流」と云った名酒を交互に呑み比べながら、ささやかな朝酒を堪能したにとどまった。

 カミサンの熱は午後になって39度5分となり、いよいよ事態は深刻さを増してしまった。やむなく酔いの醒めるのを待って当番医の所までカミサンを連れて行ったが、インフルエンザの疑いが強いとの診断。タミフルを処方された。

 翌正月2日。今度は床暖房が故障。エラーメッセージが出て、機能しない。取扱説明書を引っ張り出してみると、どうも暖房水が不足しているようだ。説明書に従って、寒い中、表に出てタンクに水を満たす作業に没頭。しかし、苦労の甲斐はなく、エラーは解除されない。結局、正月早々業者のお世話になる始末。管に空気が入ってしまったのが、エラー解除の障害になっていた模様。

 カミサンと床暖房の故障で、今年の正月はまるで落ち着きがなかった。例年の新年会も取りやめ。恒例の百人一首も中止。3日間、朝っぱらからの酒漬けは律儀に続けたが、カミサンの症状悪化を懸念するあまり酩酊にもなれず、とんだ正月となってしまった。

 今年は、波乱万丈かも知れない。

|

« 月食2態 | トップページ | 隙間っ風対策 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 月食2態 | トップページ | 隙間っ風対策 »