« 我が家の大地震顛末 | トップページ | 計画停電 »

我が家の大地震余波

 知り合いが京都で写真展を開催しており、カミサンと週末は京都へ行くつもりだったが、大地震が発生し、高速道路があちこちで寸断され、深夜のドライブは中止となってしまった。

 さすがにこんな時のドライブは不謹慎だし、留守中に我が家が潰れてしまっては主の威厳も形無し、非常時に臨機応変が出来ないようではみっとも無い。カミサンは京都の友人との再会を楽しみにしていたが、今回ばかりは強行軍なんか無理、諦めて貰うしか無い。

 ドライブは中止したものの、余震が頻発したお陰で、結局、出掛ける予定の晩は徹夜となってしまったし、アルコールを呑めない夜となってしまった。

 所沢に住む義妹のご亭主は、地震のあおりで電車が動かず、自宅まで5時間も費やして帰宅したと云う。帰宅困難者の一人だ。その点、公共交通機関が未発達の地方都市住民は、車が唯一の移動手段だから、帰宅が困難と云う騒ぎには無縁。義妹のご亭主が往生している時分、みのる君はテレビ桟敷で事態を見守っていた。

|

« 我が家の大地震顛末 | トップページ | 計画停電 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 我が家の大地震顛末 | トップページ | 計画停電 »