« 半年点検 | トップページ | 祝1300回 »

冬至の晩はゆず湯

 律儀なカミサンは、毎年、冬至にはゆず湯を用意する。菖蒲湯には比較的冷淡だが、きっと冷え性が原因だろうな。みのる君も律儀なもので、素直にカミサンに従う。かぼちゃも食卓に並ぶが、みのる君は箸をつけない。苦手と云う程では無いけれど、どうも、ね。だから金運が無いのかも知れない。里芋は決して食べないし、サツマイモも縁遠い。何となく同類に思えて食べる気がしない。昨日はあいにくの雨で、月食が見られなかった。年々、運に見放されていくようだ。せいぜいゆず湯に浸かって無病息災を祈ろうか。

|

« 半年点検 | トップページ | 祝1300回 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 半年点検 | トップページ | 祝1300回 »