« 小林一三の世界展拝見 | トップページ | 猫の声 »

新蕎麦賞味会

 行きつけの蕎麦屋から新蕎麦賞味会のご案内を頂いた。賞味会当日は完全予約制。あらかじめ希望日時と人数を連絡しておかなければならない。

 みのる君ご一家は、予定を二転、三転させてのご参加だったが、お店は快く応じてくれた。直前になって、小林一三展を見たいなんてカミサンが駄々をこねるものだから当初の予定日は変わってしまうし、倅をのけものにしてしまうものだから人数を変更する始末で、物事がスムーズに運ばない。カミサンのいつものパターンだ。みのる君は一杯呑む気でいるから、運転手が必要だ。倅を員数に入れなくてどうする気だい。「気分はビール」じゃいやだからね。

 店内は蕎麦好きの常連ばかり。あちこちで蕎麦をすする音が聞こえてくる。

 親子三人で新蕎麦を頂いたが、何より食前酒が美味しかった。味を占めてお替り。抹茶塩で頂いた天ぷらも美味かった。豚の角煮も良い。勿論、新蕎麦も堪能。お陰で良い心持の休日を過ごすことができた。

|

« 小林一三の世界展拝見 | トップページ | 猫の声 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小林一三の世界展拝見 | トップページ | 猫の声 »