« 百日紅 | トップページ | 吾亦紅再び »

とうころもし

 カミサンは早朝散歩を楽しんでいる。仕事に行くみのる君を送り出してからの場合が多いが、時には朝5時前から近所を一周して来る。早朝の通りは車も少ない。人通りも無い。寝起き姿のまま、朝の空気と鳥のさえずりを楽しみ、道端の草花を眺めながら、ゆっくりと歩いて来る。休日等はみのる君を誘うが、無精者は健康的な誘いには乗らない。

 テレビで「となりのトトロ」を放映した後だったかな、散歩から戻ったカミサンが、手に荷物を抱えている。「とうころもし」を頂いちゃったなんて、メイの口吻。影響されやすい性格だね。まだ採りたてよ、ナマでも美味しいって。奇特な人がカミサンの風体に同情したかな。確かにナマでも十分美味しい。みのる君もご相伴に預かった。

 カミサンの散歩では、時々、こうした収穫があって、トマトやらキュウリやら、畑仕事の人から旬のものを頂いて来る。早起きは三文の得かね。

 先日は、道端の花に止まっているミツバチを観察していたら、近所の小母さんが通りかかって、花泥棒と勘違いされてしまったらしい。李下に冠を正さず。カミサンは身にしみたようだ。

|

« 百日紅 | トップページ | 吾亦紅再び »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

新鮮なトウモロコシの甘い匂いをかぐと、子供時代が懐かしくなりますね。このマンションでは玄関にときどき積み上げてあるので、大家に感謝しつつただで貰っています。花泥棒の件ですが、よその家の門辺や畑で花を撮っていると、「差し上げますよ」と言われることがあります。こちらは眺めて撮るだけで満足、貰っても困るのですが。これも似たような誤解を受けているのかも知れませんね。


ちょっと留守をしておりました。コメントを頂きながら、アップが遅れて申し訳ありません。風情がなくなると、誤解も起きやすいかも知れませんね。 (稲)

投稿: Bianca | 2010年8月 3日 (火) 11時07分

今気づいたのですが、「とうころもし」になっていますよ~。

カミサン一流の言い方で、メイの口調を真似たものですが、あえてそのまま使っております。悪しからず。 (稲)

投稿: Bianca | 2010年8月11日 (水) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 百日紅 | トップページ | 吾亦紅再び »