« 茶会間近 | トップページ | 戦場ヶ原の紅葉 »

吾亦紅

 早世したみのる君の実妹の墓参りにカミサンと出掛けた。一応墓を守る立場上掃除も必要だし、枕元に座られても迷惑だし、と云う訳。墓に到着するや、カミサンが目ざとく吾亦紅を見付けた。あら、吾亦紅よ。植物には無頓着なみのる君一人だったら、雑草と間違えてむしってしまう所。墓には吾亦紅が似合うのかね。もっとも、線香は簡単に点いたし、別れる気遣いは無いから歌とは関係ないな。Waremokou_2むしろ、両親の墓に同居する妹が殊勝にも流行歌に触発されたか。南無阿弥陀仏。

|

« 茶会間近 | トップページ | 戦場ヶ原の紅葉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いい写真ですね。ところで吾亦紅とはこんな葉でしたかしら。私も草花には疎くて。

みのる君も自信ありませんが、葉っぱがノコギリ条になっており(写真では分かりづらいけれど)、吾亦紅に間違い無いとカミサンは主張しています。カミサンの言う事だから、きっと、正しいのでしょう。 (稲)

投稿: Bianca | 2009年10月29日 (木) 19時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 茶会間近 | トップページ | 戦場ヶ原の紅葉 »