« 大失態 | トップページ | 龍飛崎 »

文章は難しい

 ブログに書いた芭蕉の記事だけを集めて一冊の芭蕉論にまとめよう、なんて思い立ち、暇をみては編集している。ところが、これが意外に大変。云ってみれば口語体と文語体の違いか。改めて自分が書いたブログの文章を読み返してみると、大半が口語体然としていて、とってもじゃないが「芭蕉論」にはならない。勿論、書いた本人は十分に承知しているから云わんとする所は分かるけれど、歯切れが悪い。「論文」にならない。いちいち、「論文」調に修正すると、更に歯切れが悪くなってしまう。半ば勢いで書いている面もあって、冷めてみれば他愛ない感想と云う記事もある。みのる君の記念碑だから、あえて書き直さず、ブログのままでまとめよう。なんて思う事もあるが、やっぱり納得出来ない。どう折り合いを付けるか。近頃は一人で悩んでいる。文章は難しいね。

|

« 大失態 | トップページ | 龍飛崎 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大失態 | トップページ | 龍飛崎 »