« クライマーズ・ハイ | トップページ | HDDの容量一杯 »

やっと見付けた

 昨年、二度も失敗した長野県飯山にある思い出のイタリアンレストラン探し(昨年6月28日の記事参照)。ついに見付けた。

 休日、カミサンと昼飯を食べに飯山のレストランへ向かった。折角だから、普段滅多に走らない群馬県草津から志賀高原を抜けるコースで行ってみよう。途中、いずれはダムの底になる吾妻渓谷を通る。代替道路を建設中か、あちこちが工事中。草津白根辺りは濃霧に雨。硫黄の臭いを嗅ぎながら、駐停車厳禁の道を走る。雪の回廊にはちと遅すぎたが、まだ雪も残っており、交通量の少ない山岳道路を楽しんだ。志賀高原辺りから青空が顔を出した。関東地方は雨だったが、長野県は上天気。

 ちょうど昼時に飯山市内に到着。二度も見過ごしてしまったレストラン「サージ」。今度こそ見逃せない。見付けられなかったら、二度とお付き合いしませんよ。カミサンに釘を刺されたが、同じ過ちは繰り返さない。およその見当を付けていたので、お目当ての店をめざとく発見。看板を見れば、「パスタ」の文字ばかり大きくて、店の名前は隅っこにローマ字で小さく書かれている。これでは、見過ごすのは当たり前だ。みのる君は看板に責任を押し付けてしまった。

 記憶っていい加減だね。川の近くだとばかり思っていたが、まるで見当違いだった。みのる君の思い違いも甚だしい。お袋と座った席は壁際。これだけはしっかり覚えていたが、それ以外は何も思い出さない。店内の雰囲気も忘れていた。

 カミサンは気に入ったとみえる。なかなか良い雰囲気じゃない。パスタも美味しいし、又、来ましょう。たまにははるばる遠くまで食事に出掛けるのも一興よ。片道4時間を費やすのも面白い。雪も見られたし、高原のおいしい空気も吸ったし。途中、道の駅で新鮮な野菜も仕入れたし。カミサンは上機嫌だった。

 帰りは新潟県経由。湯沢から国道17号を南下。三国峠越えでのんびり帰った。峠付近では野生の猿を二匹も見た。一匹は悠然と道路を横切り、少し下った辺りでは、ガードレールに陣取って、通り過ぎる車を眺めていた。

|

« クライマーズ・ハイ | トップページ | HDDの容量一杯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クライマーズ・ハイ | トップページ | HDDの容量一杯 »