« 間もなく大団円 | トップページ | 母べえ »

30数年振りの蕎麦屋

 歯科での待ち時間、待合室にあったタウン誌をめくっていたら、30年以上も前にしばしば昼時に足を運んでいた蕎麦屋が紹介されており、驚いた。未だ潰れず、だ。今時珍しい。通っていた頃は蕎麦に縁遠く、専ら、ご飯物ばかり食べていたけれど、最近は昔のような蕎麦好きに戻っており、機会があれば訪ねてみたい、なんて思っていた所、日曜日にそのチャンスがやって来た。

 例によって昼飯の準備を面倒くさがるカミサンが、蕎麦でも食べに行きましょうと誘って来た。みのる君は歯無しの身の上だから、いつもの蕎麦屋は遠慮し、タウン誌に載っていた蕎麦屋の事を話すと、乗り気。早速、二人で店へ行った次第。

 なかなか美味しい蕎麦だった。カミサンも喜んでいた。30数年前に入った店だから、何も覚えていない。微かな記憶では、場末にあった所為か、あまり繁盛していなかった気がする。今では近くに大きな公共施設が建っており、きっと、客の入りも良いのだろう、明るい店内、愛想も良い。冷酒も美味かった。又、来よう。カミサンも気に入ったらしい。

|

« 間もなく大団円 | トップページ | 母べえ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 間もなく大団円 | トップページ | 母べえ »