« 息子が帰省 | トップページ | 下地窓 »

広間

 我が家の八畳間。茶事や茶の稽古に広間として使い、正月以外の普段は利用しない部屋。考えてみれば贅沢な空間だ。障子戸の向こうは広縁。日差しがたっぷりと指し込み、真冬でも暖房要らず。これも贅沢さ。

Hiroma

|

« 息子が帰省 | トップページ | 下地窓 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まず息子さんのご帰郷、おめでとうございます。オヤ、これは谷崎潤一郎の「陰えい礼賛」を連想する画像ですね。静謐な空気は芭蕉が座って一句したためるのが似合いそう。

静謐だなんて。お褒めを頂き恐縮です。障子の向こうの広縁は落ち着く空間です。
2、3日、我が家の一部を公開する予定です。呆れられてしまうかも知れませんが、暫時、お付き合いを。 (稲)

投稿: Bianca | 2009年1月 7日 (水) 18時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 息子が帰省 | トップページ | 下地窓 »