« 窓の向こうに寒椿 | トップページ | カミサンの初釜 »

仕事が始まって一週間

 仕事始めから一週間。なかなかエンジンがかからない。正月休み中はのべつ呑んでいたから、アルコール抜きに身体が驚いてしまったのかも知れない。職場の連中は、全員、無事に出社したけれど、やはり、最初の一週間はスローペースだった。

 次々と来客があって、その都度、おめでとうを連発。年中行事だから、やむを得ないが、3、4日も過ぎると、お客と挨拶をしたかも忘れてしまう。あれ、今年初めてでしたっけ。それは失礼。なんて会話も出てしまう。これも年齢の所為か。

 歯医者にも足を運んだが、いよいよ最後通告を頂戴した。次回は一気にいきますよ。お覚悟を。先生と看護師からきっちり念を押され、他に選択肢は無いのか訊ねれば、十年前であればご期待に沿う事も出来たが、今更遅い、と突き放されてしまった。自業自得をかみしめて、新しい年が始まった。

|

« 窓の向こうに寒椿 | トップページ | カミサンの初釜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

10年という月日は様々なものが変化するのには十分な期間なんですね。
肝に銘じておきます。

特に、歯は大切に。「十年一日」という無変化もありますが…。 (稲)

投稿: 元木 | 2009年1月12日 (月) 03時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 窓の向こうに寒椿 | トップページ | カミサンの初釜 »