« 酒飲めばいとど寝られぬ | トップページ | ココファームワイナリー収穫祭 »

歳を取る

 一つ歳を取ってしまうと、一歳若くなる。年々歳を取っていくと、どんどん若くなっていく。人生80年とすれば、折り返し地点の40歳から一つずつ歳を取っていけば、39、38、37、と云う具合に数が減っていって、80歳には赤ん坊だ。

 当年とって40歳と云うのは、実は50歳だ。年齢から十年取って数えるから。などと考えるのは、歳を取った証拠かな。

 昔、たっぷり影響を受けた映画「真田風雲録」の中に「人生わずか50年、てんで格好よく死にてぇな」なんて歌詞が出てくるが、当時、この台詞がすっかり気に入って、そうか、人生はわずか50年か、と悟ったような気分になって、以後、これを目標に頑張ってきたきらいがある。軟弱なものだから、途中で10年かさあげして、人生60年がみのる君の口癖になった。

 全く根拠が無いのに、人間の身体はせいぜい60年が耐用年数と信じている。70歳は古来稀なりと云うくらいだ。大体還暦頃にはあちこちが傷んでしまい、古希なんて奇跡に近い。昔の人の知恵が正しい。などと真顔で云うところは、みのる君の意地っ張りな性格が出ている。

 幸い、みのる君は大病の経験が無い。いたって健康。近眼と鼻詰まりと云う肝心なセンサー部位に若干の感度不良はあるものの、その他のセンサーに異常は無い。鼻詰まりながらくさい臭いには敏感だから、危険は察知出来る。耳は地獄耳では無いが、調子は良し。蚊のくしゃみを聞き取る。歯に関しては何も云えないが、そろそろ壊れる時期と思えば諦めも付く。頭脳だって明晰、顔にも問題は無い。手足はよく動く。ジョイント部分にわずかの潤滑油不足があるものの、今の所、支障をきたしていない。内臓関係は頗る調子が良い。食あたりの経験不足。最近、歯の治療で抗生物質を服用した為、お通じに磨きがかかった程度。

 カミサンは幼い頃白血病と宣告された由だが、医者の診立て違いだったかも知れない。みのる君の息子は活発だったお陰で頭部の一部を縫うような怪我で入院、学校では手に派手な裂傷、と云ったワンパク振りを発揮しながら育った。娘は小さい頃、車にはねられ入院と云う新聞沙汰の一歩手前を経験した。みのる君の実母、きょうだいは盲腸騒ぎで入院の憂き目に遭っている。などなど、周辺には入院経験者が一杯いるのに、みのる君は幸か不幸か、これまでほとんど病院には縁が無かった。そりゃあ、たまには腰が痛いとか、風邪を引くと云った些少の出来事は経験しているけれどね。唯一、生命維持に大事な目とか鼻と云ったセンサー部に弱点を持っている程度。この歳で無事息災は立派とちゃうか。きっと、一年中素足が健康維持の秘訣だね。とにかくも、医者嫌いは健康でなくては務まらない。

 若い頃は大食漢で通っていたが、カミサンの強烈な食事規制が災いして、すっかり量が減ってしまった。一菜粗食ないし魚ばかりの食卓。好物の肉はお預けの日々を送ると、自ずと胃袋は大人しくなるか。やまが育ちのカミサンが焼き魚を好むのはおかしい。もっと肉を出せと云うと、肉料理の翌日は肉の倍を超える魚群が登場するから敵わない。でも、そのお陰で、きっと、恐らく、多分、みのる君は無事を誇っているのだろうな。

 一つずつ歳を取って若返っても、やがては当初目標の還暦が近付いてくる。この分ではあっけなく目標をクリアしてしまい、新たな設定が必要になる。「真田風雲録」で目覚めた人生設計は、あえなくもご破算か。

|

« 酒飲めばいとど寝られぬ | トップページ | ココファームワイナリー収穫祭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

時代がだんだん平均寿命を高くしているのですかね?
でも長生きすればいいことも起こりますよ。きっと。
もう数十年は生きられますよ。きっと。

コメントを有難うございます。長生き云々は議論の余地がありますが、励ましのお言葉に感謝。 (稲)

投稿: 元木 | 2008年11月17日 (月) 02時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 酒飲めばいとど寝られぬ | トップページ | ココファームワイナリー収穫祭 »