« わが師 | トップページ | 翻訳文学と国のあり方 »

和菓子

 みのる君のカミサンは茶道一筋を貫いている。その所為かしら、和菓子についても時にウンチクを語る。日本の三大銘菓って知っている?松江に行った時、松平不昧公の「山川」を食べたでしょう。お土産にも買ったけれど、あれが三大銘菓の一つ。それに、金沢の「長生殿」、長岡の「越乃雪」。今度、新潟へ行くでしょう。その時に、是非越乃雪を買いましょう。「越乃寒梅」なら大好きだけれど、甘い物は遠慮しておく。みのる君はあまり乗り気でない。以前、我が家の茶会で、わざわざ奈良から「飛鳥の蘇」を取り寄せてお客に振舞ったことがある。何でも古代のチーズだと云う。ちょっとクセのある味だった。又、お茶事に使おうかな。みのる君に賛意を求める。腹は分かっている。ネットで注文をせがむつもりだ。そう云えば、この前、四国をドライブ中に立ち寄ったSAで、カミサンは売店に一目散。何事かと思ったら、和三盆のシュークリームを買いたかった由。生憎売り切れです、なんて店員に云われ、カウンターの前でガッカリしていた。派手に悔しがっていたので、店員が笑っていたぜ。あちこち、出掛ける度に地元の銘菓を物色したり、TVなんかからも情報を仕入れているみたい。全てが茶事につながっている様子。自宅の小間を覗いたら、いろんな菓子が置いてあった。カミサンの精進の成果かしら。

|

« わが師 | トップページ | 翻訳文学と国のあり方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

派手に悔しがる様子が目に浮かびます・・・。和三盆のシュークリームは私も食べてみたいな。

コメントを有難うございます。シュークリームがお好きなのですね。 (稲)

投稿: 小雪 | 2008年10月30日 (木) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« わが師 | トップページ | 翻訳文学と国のあり方 »