« 願います | トップページ | 墓参 »

メタボ判定:予備群該当

 健康診断の結果が出た。総合判定の脇に「メタボ判定:予備群該当」と仰々しく明記してあった。

 全く異常無しと云う判定が「A」。「計測」、「眼科」、「耳鼻科」、「診察」、「心電図」、「大腸」、「糖代謝」、「肝機能」、「腎機能」、「尿酸」の全てが「A」と云う有難いお墨付き。この年齢で「A」は大したものさ。「眼科」も含まれているが、ヤマカン回答がうまくいったのかな。ちょっと後ろめたい。

 日常生活に支障が無いと云う判定が「B」で、これに当てはまっていたのが「脂質」。悪玉コレストロールがアカン。でも、数値が高いと動脈硬化症が起こりやすいみたいだけれど、みのる君の数値は基準範囲の低い方から外れている。少なければ問題無しじゃないのかな。

 毎回、芳しくない数値は血圧。今回も高め。精密検査の必要あり。ご丁寧に診察依頼書が添付されている。毎度のことなので、あまり気にしない。カミサンは、タバコをやめろ、運動せえと云う。白血球数が基準より少し多い。きっと、内臓のどっかで炎症でも起こしているのだろう。口内炎かな。

 血圧が高くて、タバコも吸うし、腹囲が基準値を超えているから、データ上は「予備群」に配属されてしまうのだろうけれど、人物を見てから区分して貰いたいね。調味料に無縁の食生活、粗食に間食無しの耐乏生活を送っている身、メタボなんて失礼じゃないか。などと云いながら、実は全然気にしていない。寿命に逆らってはいかん。

|

« 願います | トップページ | 墓参 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 願います | トップページ | 墓参 »