« 昨日は十五夜 | トップページ | 古い友人とバッタリ »

カミサン薪能見物

 先週末、カミサンが知人と遠路足利まで薪能を観に行った。今回で2度目かな。何も着物でなくても良いと思うが、茶の先生の意識が働いたのだろうか、庭掃除を終えてから慌てて着替え、さっそうと出掛けて行った。今年は「杜若」と俊寛」の由。前もってみのる君に適切な情報を与えてくれていれば、予備知識を与えられたのに。少し前、倉田百三の「俊寛」を読みたいと云っており、あいにくみのる君の蔵書には無かったので、昔読んだ記憶を頼りに多少の顛末を話しただけだったが、能と分かっていれば謡曲全集を紐解いて懇切丁寧に説明出来たのに、残念さ。みのる君はシテの恨みつらみを聞く程の心境には、まだまだなれない。エイトビート好みには少々まのびした世界は苦手だな。学校時代は謡曲集片手に随分とTV桟敷で勉強したけれど、すっかり忘れてしまった。

|

« 昨日は十五夜 | トップページ | 古い友人とバッタリ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昨日は十五夜 | トップページ | 古い友人とバッタリ »