« 一周忌法要 | トップページ | タスポ »

タバコ一箱1000円

 タバコが一箱1000円になるかも知れない。などと云う、愛煙家にはショックなニュースを聞いた。真面目に導入を検討しているらしい。タバコは有害。いっそのこと、値段を吊り上げて禁煙に拍車をかけようと云う目論み。とんでも無い話だね。贅沢品や嗜好品に税金をかけるのは理解出来る。質素倹約を旨とすれば、諦めも付く。しかし、健康に有害と云う理由は納得出来ないね。酒だって、呑み過ぎれば健康を害する。タバコに法外な税金をかけるならば、ビール1本、酒1合を越えたら、べらぼうに値段を上げます、なんて法律も考えるべきである。犯罪で得た収益金やマネー・ローンダリングが発覚したら、有無を言わさず全財産没収、加担者は生涯年金支給停止と云った大胆な懲罰的法律も検討すべきである。タバコにだけ無茶苦茶な理屈を並べてはいけない。他の国はもっと高いと云う言い訳もしているようだが、物事の一面だけを強調してはいけない。社会保障やインフラ全てを比較論ずるなら、議論も出来ようが、日本のタバコは安いと云う一点だけを取り上げるのはいかがなものかね。今だって愛煙家は余分に税金を払っている。しかも、吸える場所はどんどん減っている現状。歩きながら吸えないし、公の場所には灰皿が無い。勢い都内の公園が喫煙者で溢れてしまう現状。おかしいじゃないか。ちょっと前までは堂々と専売公社を名乗ってタバコ販売に躍起になっていたくせに、TVでも散々コマーシャルを流していたくせに、手の平を返して、今度は禁酒法の時代を目指すって魂胆が情け無い。愛煙家でも長生きしている人も多い。亡くなった方が生前喫煙していたか否かを新聞の社会面のお悔やみ欄に追記して、どの位の割合の人がタバコが原因で死亡しているのか公表したら良い。そうした情報に触れれば、自ずと愛煙家も自省するに違いない。取り易い所から税金を、なんてキャッチコピー的発想は止めて貰いたいね。年金生活の愛煙家にとってタバコ代が年金の半分を占めてしまうかも知れない。そんな世の中は勘弁して貰いたいものさ。タバコ好きの理屈じゃないよ。不公平税制だと思うから、文句を並べた訳さ。

|

« 一周忌法要 | トップページ | タスポ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一周忌法要 | トップページ | タスポ »