« 本屋でバッタリ | トップページ | 日本の、これから »

春を求めて散歩

 昨日は風もなく穏やかな日和。カミサンと二人であちこち春を探して散歩を楽しんだ。のどかな田園風景が広がる畦道を、カミサンは春の小川を大声で歌いながら歩く。みのる君は素知らぬ振りをして歩く。カミサンは足元ばかり見ながら、みのる君は遠くの景色を眺めながら。話題は時にちぐはぐとなる。ここは送電線が交差しているね。みのる君が高い鉄塔を見上げて云うと、カミサンは土手下に可憐に咲いたイヌフグリを見付けて、ねえ、イヌフグリのフグリってどう云う意味か知っている、などと下らぬ事を質問しやがる。

 マクロとミクロの視点で春を求めた一日。たっぷり歩いた。

|

« 本屋でバッタリ | トップページ | 日本の、これから »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本屋でバッタリ | トップページ | 日本の、これから »