« 木枯らし紋次郎 | トップページ | はた迷惑な運転 »

毎朝の献立

 30年来、みのる君の毎朝の献立は決まっている。トースト2枚(休日は3枚。若い頃は4枚ないし一斤)。マーガリンを塗って、ハムやレタスないしキャベツとトマトが一緒のサンドイッチ。それにリンゴ、バナナ、キウイ、季節によって柑橘類や柿ないしはイチゴも食卓に並ぶ。最低5品を確保すると云うのがカミサンの主義だから、結構賑やかなメニューだ。それとたっぷりの牛乳に紅茶。朝だけは必ず紅茶。休日は食後にコーヒーを1、2杯飲む。カミサンの実家に世話になっても、この原則を貫くから、頑固とも云える。旅行となると、宿泊はホテル優先。朝飯に洋食が多いと云う単純な理由さ。たまに和食になる場合もあるが、お替り3杯は平気で平らげてしまうから、カミサンは嫌な顔をする。胃袋は丈夫なんだろうなと思う。神経性胃炎の経験もない。朝飯だけはしっかり確保する。子供等にもそのように躾けたつもりだが、果たして実践しているやら。

 子供が小さい頃は朝の6時から一緒の食事を押し通して来た。せめて朝だけは家族揃って食事をしよう。健康の秘訣とも云える。朝食抜きが多いと聞くが、それでは力を発揮出来ない。まず腹に力を付ける。一歩表に出れば何が起こるか分からない。腹が減っては戦が出来ない。武士は食わねど高楊枝では戦に負けてしまう。楊枝で我慢出来るのは木枯らしの紋次郎位なものさ。

|

« 木枯らし紋次郎 | トップページ | はた迷惑な運転 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 木枯らし紋次郎 | トップページ | はた迷惑な運転 »