« 毎朝の献立 | トップページ | 3月21日生まれ »

はた迷惑な運転

 先夜、仕事帰りに郊外の40㌔制限の道路を走っている時のこと。見通しの良い道路ながら、前の車がゆっくり走っている。何気なくその後ろにくっついたが、いやにスピードが遅い。メーターを見れば時速35㌔。日産の高級車にしてはモタモタとみっともない走り方だぜ。ところが、その高級車の前にもう一台。この先頭車両が実に呑気に走っている。高級車はじっと我慢して走っているご様子。追い越し禁止道路だから、無茶は出来ないし。バックミラーを覗くと、すでにみのる君の車の後ろに十数台が連なっている。全くはた迷惑な先頭車両。

 制限速度を守ることは正しい。これを几帳面に守る車には概ね二種類あって、一つは免停寸前。違反一発で免停を喰らうと分かっていると、自ずと正しい運転となる。もう一つは明らかにヘタクソ。自分は法律を守っていると自負しているのだろうけれど、周りの状況が一切分からない。自分の車の後ろに何十台ものイライラ運転手を控えさせても、非は自分には無いと思っている。イライラ運転手が無理な追い越しで事故を起こしても、自分には無関係と信じ切っている。事故原因を作っているとは気付いていない。困った御仁さ。

 ヘタクソかそうでないかは比較的簡単に見分けられる(と思う)。速度が不安定な車はヘタクソ。一定速度をずっと保つことは案外に難しい。パレードなんかで見かける要人を乗せた車は一定速度を堅持して走るが、大したものだと感心してしまうね。試しに時速20㌔でしばらく走ってみると良い。スピードの遅い速度を一定時間維持するのは難しいと分かる。ヘタクソは直線道路では強気、カーブは途端に弱腰の運転となる。気配り不足もヘタの要因。もう少し広く世界を眺めた方がよい。

|

« 毎朝の献立 | トップページ | 3月21日生まれ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 毎朝の献立 | トップページ | 3月21日生まれ »