« 簡単に出来る環境対策 | トップページ | 例外のない規則はない »

整理整頓

 5Sと云う言葉がある。「整理、整頓、清掃、清潔、しつけ」の頭文字から付けられた言葉で、製造現場なんかでよく使われている。具体的な意味が案外奥深い。「整理」って云うのは、必要なモノと必要でないモノを分けて、必要でないモノを処分すること。「整頓」は、必要なモノをすぐに取り出せるようにしておくこと。

 この「整理整頓」が難しい。みのる君のカミサンなんか、最も苦手な作業とみえて、何でも出したら出しっ放し。しょっちゅう探し物している。かく云うみのる君は、何でも取っておく方だから、荷物が増えてしようがない。半年も使わないようなモノは元来不要なモノの部類に入るけれど、捨て難い。5Sを我が家にも導入した方が宜しいかと思うけれど、書棚の何処に何が収まっているのか、しっかり頭の中に入っているし、机の中だって、見た目はゴチャゴチャしているけれど、ちゃんと必要なモノは取り出せる記憶力があるから、改まって整理整頓も無いと開き直っている。しかしながら、職場では不要なモノはどんどん捨ててしまう。仕事が終われば、机の上には何も残さない。整理整頓が徹底している。職場と家庭ではこうも違うのかなと思うけれど、これも性分なのかしらん。

 5Sの内、一番厄介なのは、「しつけ」。整理整頓、清掃清潔を守らせることが「しつけ」になるけれど、大抵、5Sがお題目で終わってしまうのは、この決められたルールを守らせること(しつけ)が難しいからだ。ルールを守るって苦手な人が多いからね。

|

« 簡単に出来る環境対策 | トップページ | 例外のない規則はない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 簡単に出来る環境対策 | トップページ | 例外のない規則はない »