« 雪の朝独り干鮭を噛得タリ | トップページ | 一茶記念館 »

カミサンの年末ジャンボ

 去年の年末ジャンボ宝くじを紛失してしまったカミサンが、やっとの思いで無くした宝くじを探し出した由。早速売店に持って行って当たりを調べて貰ったら、購入10枚分の当たりだったそうだ。それはめでたい。下一桁にしか縁のない庶民にはうれしい当たりじゃん。メシでもご馳走してくれるだろうね。いいえ。当りくじで新しい宝くじを買ってしまったわ。当たりくじで買ったから、きっと、又、当たるわ。それは、それは。夢は続くね。今度はご馳走するからね。気楽なカミサンの発想。気長に待つしかないかな。

|

« 雪の朝独り干鮭を噛得タリ | トップページ | 一茶記念館 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雪の朝独り干鮭を噛得タリ | トップページ | 一茶記念館 »