« 信夫山と安達太良山 | トップページ | カミサンが硬筆で特選 »

風呂場のタイル工事

 週末、風呂場の傷んでいたタイルの一部を剥がして新しいタイルに張り替えて貰った。朝から昼過ぎまで職人が一人で作業。きれいに修復出来た。ついでに天井にあった小さな隙間も埋めて貰った。乾かないから、今日は風呂に入れないと云う。仕方ないね。せっかくの補修をふいにする訳にはいかない。久し振りに風呂なしの一晩だった。

 当初は洗い場の大改修もカミサンは計画していたが、工務店の社長の大工事になりますとの一言と2、3日は風呂が使えなくなると云う不便さと、みのる君の「どこにそんな金がある」との無遠慮な発言で計画を撤回、傷んだタイルだけ張り替えようと云うことになった。計画から3ヶ月も経って、ようやく工事実現となった。

 残すはエアコン設置だけ。何とか年内に片付けたい所だけれど、電気屋の持参したカタログを見て色が気に入らないと云うカミサンはあちこちの量販店を廻って、気に入った色のエアコンを探しまわったお陰で、すっかり計画が延びてしまっていた。先週、ようやくめぼしい機種を見付けたようだ。クリスマス頃までには何とかしたい様子。

 エアコン工事も当初計画とは大幅に変わり、もともと設置が困難な我が家の構造を無視して強引に取り付けることにした次第だが、難工事が予想されるし、電気容量も心配の種。大工仕事やタイル張りに加えて、エアコン設置の費用はカミサンが用意すると大見得を切ったけれど、大工工事の費用はみのる君が立て替えているぜ。未だに払ってくれない。忘れているご様子。まさか、こっちにツケが回すつもりじゃないだろうね。

|

« 信夫山と安達太良山 | トップページ | カミサンが硬筆で特選 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 信夫山と安達太良山 | トップページ | カミサンが硬筆で特選 »