« 見れば須磨の秋 | トップページ | 吾輩は猫である »

続エアコン騒動

 雨の休日、玄関の柱交換や茶室の竹格子の細工で建具屋さんに来て貰ったが、その際にみのる君宅の建築を請け負った工務店の主人と電気屋さんにも足を運んで貰って、我が家にエアコン設置が可能か、再度全員で検討会を開催した。その結果、埋め込み方式のエアコンは諸般の事情で無理(200Vだし費用が高過ぎる)と判明、普通のエアコンであれば何とか壁にも穴が開けられるし、設置可能(だろう)と云う結論を得た。電気の容量を上げる必要はあるけれど、専用回路も必要になってくるけれど、天井裏に配線するけれど、まぁ何とかなるだろう。みんなが憶測結論で若干不安。その前にしっかり見積もって貰わねばならない。あまり高ければ全てご破算にするぜ。施主としては、まず費用が優先だ。これが一番気がかりさ。それにしても、エアコンって電気を食うね。

 その後、夕方まで雨の中を建具屋さんには茶室の格子を付け替えて貰った。今度は取り外しも可能なような細工にして貰った。一部をシロアリに食い荒らされた柱も新品に交換して貰ったが、さすがに手際が良い。きれいに後始末をすると、さっさと雨の中を帰って行った。

|

« 見れば須磨の秋 | トップページ | 吾輩は猫である »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見れば須磨の秋 | トップページ | 吾輩は猫である »