« 身にしみて大根からし秋の風 | トップページ | 渋柿や一口はくふ猿の面 »

玄関の鍵が壊れてしまった…

 過日、夜遅く帰宅して玄関を開けようとすると、鍵が掛かっている。カミサンが鍵を掛けてしまったみたい。仕方なく鍵を取り出して、いつものように回してみると手応えがない。あれっ、掛かっていないのかな。不審に思ってもう一度戸を明けようとしたけれど、びくとも動かない。おかしいぞ。繰り返し鍵を差し込んで回してみる。やはり無反応。ありゃ、これはイカレタかな。中から開けて貰おうとチャイムを鳴らしてみたけれど、返事がない。風呂にでも入っている様子。仕事帰りで疲れているのに締め出しを食らった感じだね。裏に回って、勝手口からご帰還だよ。みのる君が突然勝手口から顔を出したものだから、湯上がりのカミサンがびっくりしている。どうしたの。玄関が開かないじゃないか、壊しただろう。玄関に回って鍵を確認すると、やはり壊れている。鍵を回しても空回りするばかり。これは修理が必要だね。素人が直せるかな。直らなかったら明日が大変よ。どこへも行けなくなってしまうし。それはそうだ。とうとう、みのる君は鍵を分解する羽目になった。ドライバーでネジを外し、鍵の本体を取り出してみる。本体自体はブラックボックスみたいになっていて、構造は分からないけれど、25㍉程の円柱の下半分の外周にネジが切ってあって、ピンで固定するようにキー溝も切ってある。このキー溝にピンが届いていない。回転止めのキー溝が役に立っていないじゃないか。この前、シロアリにやられた玄関の柱を修理した際、建具屋さんがピンをきっちり差し込んでいなかったみたい。毎日の開け閉めでキー溝からピンが外れてしまったらしい。ピンを奥まで押し込んで、元通りに玄関に取り付けたところ、ちゃんと鍵が掛かるようになった。やったね。大したものだ。ホッとしたものの、勝手口があって助かったと云う所だ。アパートみたいに入口が一つの家だったら大騒ぎになっていただろうな。すっかり遅くなった晩飯を喰いながら、勝手口があって良かったね、とカミサンと安堵した。

|

« 身にしみて大根からし秋の風 | トップページ | 渋柿や一口はくふ猿の面 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

俄か鍵屋の大成功、おめでとうございます。それにしても、締め出された時、「鍵が壊れた」しか原因を思いつかないとは、ご夫婦仲のよろしいようで。

表向きは、元来性善説派なものですから。それに、楽天的でもあり、プラス思考も手伝って物事は善意に解釈する傾向にあります。夫婦仲は何とも…。今朝は掃除のことで大喧嘩です。はい。 (稲)

投稿: Bianca | 2007年10月20日 (土) 07時47分

大変でしたね。そういう時の必殺対策は。。。

鍵をかけないことですね♪♪
ちょっと山奥じゃないと通用しないでしょうが。

今では無人の山小屋すら荒らされる時代。必殺技も効果なし。世知辛い世の中になったものですね。自己防衛は已む無しでしょうね。 (稲)

投稿: 元木 | 2007年10月20日 (土) 13時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 身にしみて大根からし秋の風 | トップページ | 渋柿や一口はくふ猿の面 »