« 醒睡笑から逸話を一つ | トップページ | 人工衛星の軌道要素 »

洗濯機購入

 今にも壊れそうだった洗濯機を新しいのに替えた。量販店仕様ではない。

 みのる君は、耐久消費財の家電製品は量販店を利用しないことにしている。メンテナンスを考えると、なじみの電器屋が一番。多少高くても、後が楽でね。壊れた時は、こっちの都合に合わせて修理に来てくれるし、少々の無理難題も引き受けてくれる。それに、量販店仕様の製造ラインで作られるモノより、きっと良い部品を使っているだろうと云う勝手な思い込みもある。大量注文を保証するから安価になる面もあるだろうけれど、それだけではないだろう。安く作る為に標準タイプと違った部品を使ったり、量販店向に機能面を変更したり、何かしら手を加えているだろうな等と勘ぐってしまう。そうでもしなければ、量販店がメリットを出せやしない。

 意外に疑り深い面があって、安価は俄かに信じない。前にも書いたことがあるけれど、儲かる話は、持ち込んだ方が儲かると云う真実と同じで、話を持ち込まれた方は損をするに決まっている。偽ブランドの横行も似たようなものだ。安物買いの銭失いと云う言葉もあるしね。安けりゃ良いってものではない。逆に、高けりゃ間違いないってことにもならない。高くてもまずい料理はいくらでもあるよ。要は、買物も信念が必要だってことか。

|

« 醒睡笑から逸話を一つ | トップページ | 人工衛星の軌道要素 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 醒睡笑から逸話を一つ | トップページ | 人工衛星の軌道要素 »