« せがれの勇姿 | トップページ | ランボー »

比重はビックリ係数

 学校時代に習った「比重」なんて日常生活には無縁かと思っていた。

 体積に比重を乗じれば重さになる。一辺が10㎝の立方体では、水の場合は1㎏の重さ。同じサイズでもこれが比重7.87の鉄の場合は、重さは約7.87㎏≒8㎏となる。案外重い。理屈では分かっていたけれど、実際に鉄を持った時、初めて比重を実感出来た。何しろ重たい。見た目とはまるで違う。何だ、この重さは。重たい鉄を持ち慣れると、比重が2.7のアルミなんて、軽い、軽い。

 手に持って初めて実感出来る「比重」は、見た目の予想を裏切る驚きの度合いみたいなもんだ。比重なんて云わないで、ビックリ係数と云った方が余程分かりやすい。

 水の入った18㍑(18㎏)のポリ容器に鉄が詰まっていたら、約142㎏にもなる。とっても持てやしない。金の比重は19.32。鉄の2.45倍。ポリ容器では約348㎏にもなる。物凄い重さだ。わずか10cmの立方体でも金は19.32㎏≒20㎏。 タングステンも19.3でほとんど金と同じ。以前、タングステンの塊を持ったことがあるけれど、その重量感に驚かされた。重たいと云われる鉛の比重が11.36。タングステンに比べれば軽いものだ。銅は8.96。鉄より重いけれど、やはりタングステンの比ではない。

 ちなみに、タングステンは希少金属(レアメタル)ながら軍事面や産業界に欠かせない金属。世界中がその確保に躍起になっている。こんな重たい金属を採掘するのも骨が折れるだろうね。金も同様だけれど…。

|

« せがれの勇姿 | トップページ | ランボー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ということは、200mlの牛乳パックの4分の1のサイズに金が入っていたら、約1㌔㌘なんですね。

いやぁ~重たい重たい。
金の延べ棒も一度持ってみたいものですね。

映画「ダイ・ハード3」の一場面に金を持つ所があります。ブルース・ウィルスの相棒役になったゼウスと言う男性が金塊を持った瞬間の動作。多分、あれが、実感でしょうね。みのる君には縁の無い塊です。ハイ。 (稲)

投稿: 元木 | 2009年10月10日 (土) 18時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« せがれの勇姿 | トップページ | ランボー »