« 鳴子百合 | トップページ | カーナビは必要さ »

カーナビは必要?

 最近はナビを搭載した車が一般的になった。ケータイナビも大分普及している由。だが、さて、しかし、ナビって本当に必要かな。

 自分の居場所が分かるから確かに便利には違いない。特に知らない土地をドライブする時は、大変重宝する。みのる君の車にもナビを積んでおり、長距離ドライブには大いに利用している。若干バージョンが古いものだから、所によっては、現在地が道なき道の場合もある。新しく出来た道路の情報がないものだから、とんでもない所を走っていることはよくある事だが、瑣末な事だ。目的地を設定して、後はナビのガイドに従って走ると云う作業は、どうも自分が機械の一部になったようで、気に入らない。まるで運転ロボットだ。

 あえてナビの指示を無視すると、再計算して新たなルートを表示したり、道が違っているとアナウンスしてくれるコンピュータのご奉仕ぶりは噴飯ものだ。ナビだけを頼りに走るとどうなるか。コンピュータが割り出した最適のコースを鵜呑みにして、脇道には目もくれず、寄り道なんて論外、ひたすら機械の指示に従順な運転ロボットに堕して目的地を目指すことになる。こんなことをしていると、間違いなく土地勘を失ってしまうだろう。景色も記憶に残らない。更には、これまで地元の人しか利用していなかった抜け道に多くの車が殺到してしまう結果を招く。すでに場所によっては社会問題になっているそうだ。

 他にルートがあっても、ナビの指示だけを拠り所にしてしまうのは愚の骨頂だろうね。ナビの出した答えが微妙に違っていたりすると、自分の無能さを棚に上げておいて、ナビに一切の責任を押し付ける。何だこのナビは。文句はお門違いだけれど、そんな情けないトラブルもあるだろうな。みのる君は地図とナビを併用している。ナビは補助的に使う程度。全体像と部分をいつも頭に入れておく。大抵、これで、ナビより最適な道を選べる。土地勘も養われる。風景も堪能出来る。

 地図は上が北。当たり前のことだが、ナビの登場によって事情が変わってきたみたい。ナビの画面では、常に進行方向が上と云う設定も出来る。知り合いの車がそんな設定になっている。だから、門を曲がるたびにナビの地図が大きく動いて、いちいち進行方向を画面の上に修正する。めまぐるしい事この上ない。そんな画面に慣れてしまうと、地図を読めなくなってしまうのではないか。自分の向いている方向に地図を合せないと位置を読み取れないなんて、ちょっと恥ずかしくないかい…。

 やがて、ナビがないと表に出られない世の中になってしまうかも知れない。恐ろしい。恐ろしい。コンピュータを過信するのは考え物だぜ。

 パソコンを使って文字を書くから言葉を忘れてしまう。ケータイでしょっちゅうつながっていると錯覚するから生身の人間関係が疎かになる。ナビに道案内されると肝心の知らない土地への憧憬が失われてしまう。段々と考えることをしなくなっていく…。折角人間には頭脳と云う道具があるんだ。エルキュール・ポワロみたいに灰色の脳細胞を駆使した方が宜しい。

|

« 鳴子百合 | トップページ | カーナビは必要さ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鳴子百合 | トップページ | カーナビは必要さ »