« 眼下の敵 | トップページ | 映画教育 »

カミサンの茶事

 昨日はカミサンが自宅で茶事。職場の女性達をお呼びしてなにやら難しいテーマに挑戦した模様。こう云う時のみのる君は大人しく書斎にこもっている。

 昼時、居間で一人心地良く一杯呑みながら食事していると、午前の部が終わった由で、女性五人がドッと居間に押しかけてきて一緒に昼食。圧倒されてしまうね。賑やかなことこの上ない。女同士で着物の着方が悪いとか帯がどうのこうのと、男性を前にして悠然と会話している。みのる君の存在なぞ無視だ。こうなると早々に退散するしかないね。多勢に無勢とは良く云ったものさ。男一人では勝てっこない。彼女等がもう少し、ほんのもう少し若ければ応対の仕方も変わったのだろうけれど、「オバサン」ないし「オバハン」と云う言葉がピッタリの女性陣に囲まれてしまうと、言葉を失ってしまう。女性って、やっぱり強いんだね。

|

« 眼下の敵 | トップページ | 映画教育 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「多勢に無勢」で負けるのはまだましで、一対一でも負ける人だっています。所詮、口舌の徒に勝てる男性はいませんわ。脳科学上からも・・・

ごもっともです。 (稲)

投稿: Bianca | 2007年4月 1日 (日) 18時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 眼下の敵 | トップページ | 映画教育 »