« 朔太郎の「鏡」 | トップページ | 日の出が早くなった »

カミサンが上京

 一昨日、お茶の稽古でカミサンが久し振りに上京した。お茶の稽古だから、家を出る時から着物姿。各駅停車の電車に揺られての上京だったけれど、経費節減かな、おにぎりやお茶等を持参。昼食時に4人ボックスの一角でおにぎりを食したそうだ。混雑した車中、着物姿でおにぎりを頬張るなんて、ちょっと目立ち過ぎると思うけれど、カミサンは一向に気にならない性分みたい。慎ましやかに食べた由。まさか、食後に莞爾として周囲を見回すなんてことはしていないだろうな。たくわんも持っていったけれど、さすがにこれは食べなかった由。におったら周囲に悪いと遠慮したそうだ。確かにそうだ。上品な着物姿にたくわんは滑稽だろう。遠慮は適切な選択だったと思う。

 昔、子供達を連れて草津白根山を登った時、湯釜を見下ろす山頂付近は大勢の観光客で賑わっていた。そこで我等親子はおもむろにビニールシートを敷いて弁当を広げ出した。これも目立ったね。ジロジロ見る人たちもいたけれど、カミサンは平気なものだった。幼い子供連れだから許容範囲だろうけれど。少しは場所柄もわきまえた方が宜しい。が、子供達はおおはしゃぎだったね。

|

« 朔太郎の「鏡」 | トップページ | 日の出が早くなった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

懐かしいなぁ~カルデラ湖の色は今でもけっこう覚えている☆

投稿: 甚六 | 2007年2月 8日 (木) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朔太郎の「鏡」 | トップページ | 日の出が早くなった »