« 明日は元旦 | トップページ | 昨日は元旦 »

今日は元旦

 大晦日に倅が高速バスで帰省。出迎えに行ったついでに久し振りに家族全員揃って昼食。夜は乾杯で年が暮れた。

 一夜明けて、今日は元旦。仕事のある家族の為にカミサンはせっせとおせちの準備。騒々しく一年が始まる。

 WOWOWやスターチャンネルで正月向けの映画が目白押しだが、観たいと思う映画が少ない。昨日は朝早くに「インデペンデンス・デイ」を観たが、これって何度目だろう。昨年一年間に何度も繰り返して放映している。そう何回も観たいとは思わないが、何となく観てしまった。巨大なエイリアンの宇宙船が嘘っぽい。都市程の大きさの飛行物体って想像の域を超えている。大統領が格好良すぎる。ウイルスでやっつけると云う発想が可笑しい。話の展開が見え見え。でも、ついつい観てしまう。何故だろう。「水戸黄門」だって、毎回、お決まりの展開なのに、ついつい観てしまう。これと同類かな。いや、違うな。「水戸黄門」には由美かおるがいるじゃないか。だから観てしまう。「インデペンデンス・デイ」には何があるのだろう。結末が分っているのに。そうか、他に面白い番組がなかったんだ、きっと。

|

« 明日は元旦 | トップページ | 昨日は元旦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「インデペンデンスデイ」は、見ましたが、
ヴィールスで侵入者がやられるんですか?
(忘れてる)それでは、ウェルズの古典SF「宇宙戦争」
と同じですね。ただCGを駆使した画面は、
迫力あったような記憶があります。
   *新年おめでとうございます*

今年も宜しくお願い致します。
先程まで、TVで放映していたトム・クルーズ主演の「宇宙戦争」を観ておりました。こちらの結末はご存知の通りウィルスですね。しかし、呆気ない終わり方でしたが、ウィルスを克服してきた人類が最強なのでしょうかね。よほど人類はタフのようです。「インデペンデス・ディ」のウィルスはコンピュータウィルスです。これもハッカーの勝利みたいなもので、人間の知能は最強なのですね。けれど、地球を襲う程のエイリアンのセキュリティを甘くみていないかな。シガニー・ウィーバーの「エイリアン」の凶暴さ。プレデターの残忍性。こちらの方が欠点が少なくて面白かった。とは云っても「エイリアンVSプレデター」では、プレデターが善人になってしまい、ちょっと残念でしたが。 (稲)

投稿: Bianca | 2007年1月 1日 (月) 16時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明日は元旦 | トップページ | 昨日は元旦 »