« つれなくも秋の風 | トップページ | なかなかすっきり晴れない »

不老不死

 不老不死あるいは天国を考えたことがあるかい。きっと素晴らしい世界だろうなと思う?

 ちょっと視点を変えてごらん。その素敵な夢想は吹き飛んでしまうよ。

 老いない状態、死なない状態、あるいは何の憂いもストレスもない天国状態って云うと、つまり、大袈裟に云って、元気な連中が好き勝手なことをやっている状態さ。大抵、生活習慣病に侵されている。あるいは猛烈な肥満野郎がそこらじゅうに溢れているだろうな。何しても死なないし、老いることもないから、ひたすら旨い物をむさぼり喰っているに違いない。だから、高血圧やら糖尿病やらあらゆる病気を患ってしまった人々がうろうろしているはずさ。何しても死ぬことが出来ないから無茶苦茶乱暴なことも平気さ。きっと死を切望して餓死状態の人々もいるだろうな。でも死ねないから骨と皮だけになっている。それでも生きている。

 どこの世界にも相性の悪い奴っているもんだ。あいつとは馬が合わん。気に喰わん。出来れば会いたくない。これが不老不死、天国状態の世界ではちょっと違う状況になる。相性の悪い奴が暴れ回っている。命に別状はないから放っておけば良いが、ハエみたいに目障りで仕方ない。でも我慢するしかない。ストレスはないけれど、我慢を強いられる。おかしな世界の出現さ。

 第一、不老不死って云うけれど、不老はどの時点が基準なのかな。生まれた時を基準に「不老」であれば、ずっと赤ん坊のままかい。二十歳で「不老」だったら、未来永劫二十歳のままかい。白寿で「不老」はちょっときついな。それとも、五十歳位までは順調に年を取るけれど、その先はずっと五十歳のままかね。基準が曖昧だよ。

 不老不死を希望した人々がこの世界に次々とやって来る。やがて、この世界は飽和状態になる。誰も死なないから、人口は膨らむばかり。全員が生活習慣病で我慢を強いられている。

 こんな世界を夢想するかい。

|

« つれなくも秋の風 | トップページ | なかなかすっきり晴れない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自分が老いて、知人がどんどんあの世に召されていくのを見続けるのは耐えられないね。

投稿: 元木 | 2006年10月 3日 (火) 18時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つれなくも秋の風 | トップページ | なかなかすっきり晴れない »