« 夏至の日の太陽 | トップページ | 沼の枯木 »

緊急車両を追い越す!

 比較的交通量の少ない昼間の時間帯に高速道路を気持ちよく走っていた時、遥か前方にサイレンを鳴らした救急車が見えた。何か事故でもあって負傷者を搬送しているのだろう。大変だなと思いつつ、制限速度の100㌔に少し足りない速さを維持して進んでいると、救急車との距離が縮まってくるではないか。負傷者を乗せているからかスピードは控えめの時速80㌔程度だったのだろう。あれあれっと云う間にすぐ後ろにまで接近してしまった。

 さて、ここで悩んでしまった。緊急車両には道を譲らねばならない。

 だが、サイレンを鳴らして80㌔はないだろう。急いでいるならそれなりに血相を変えて走っても良かろうに。しばらくサイレンの音を聞きながら後ろにピッタリ付いて走った。傍から見れば負傷者の関係者みたいだ。一緒に病院へ向かっているように見える。この緊急車両を追い越しても良いものか。暫時、思案。

 結局、追越車線に車がなかったので、追越車線に移って救急車を追い抜いてしまった。サイレンを鳴らした緊急車両を追い越すなんて初めての経験だった。スピードは制限速度内だったが、これって、違反なのだろうか。しばらく悩んでしまった。

|

« 夏至の日の太陽 | トップページ | 沼の枯木 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181468/10633791

この記事へのトラックバック一覧です: 緊急車両を追い越す!:

« 夏至の日の太陽 | トップページ | 沼の枯木 »